« おめでとー! | Main | 食感のグラデーション あるいは 失敗 »

11. 10. 03

鶏肉と散策した黄昏 あるいは 落胆

私の 記憶力の悪さは
何も 加齢と共に始まったワケではない
小学生の頃から 異常に悪かったのである


なので 今更
記憶力が悪いことによって生じる あらゆる困難に
さほど 動じない度胸も 培われている


いや それは 諦観というべきものか


今年のバレンタインデーの日に
すなわち 2月14日に 我が家族となった
愛車モサド君が 初めての車検を迎えることになった!


初めて ということで
赤飯でも 炊いてやろうか 
なんて思ったが やめとこう


そんなワケで 越谷にあるホンダのディーラーに行き
モサドを 宜しく と預けて
代車を拝借することに あいなった


これが また なんとも…
卵のようなカタチの ハイブリッドカー というもので
車種は… 忘れたのでなく 聞いてないので 分からん…


普段の 軽のバンの視線より
ぐっと低い視界は なんだか恐怖な世界で
ボンネットも どれだけ前に飛び出てるのか分からず…


交差点や 駐車場で
いちいち 大回りしながら
とある 大型ショッピングモールに立ち寄った


ここは 頻繁に利用する
ということは 駐車する場所も あちこち経験があり
ということで 事件が起こってしまったのである…


夕餉の買い物を終え
駐車場に向かったのだが
はて… どこに止めたっけ…


それでも いつもなら 短時間で探し出すのだが
今日に限っては 借りたてホヤホヤの乗用車である
色も覚えてないくらいだから ナンバーなんて分かるわけない…


やばい…
車が 分からない…
右手にさげた袋の中で 鶏肉が傷んでしまう…


私の記憶力の悪さを 補ってきたのは
豊かな想像力と そして 閃きである!
覚えてない記憶は 想像力で塗り替えてしまうほどである!


てな感じで 閃いた!
そうだ リモコンキーを押せば
どこかで 車がハザードを ピカピカしてくれるはず!


嗚呼 なんて賢いんだ おれ!


そんなワケで 止めたとも思えない場所でも
念のため 大駐車場の端っこから
左手に鶏肉 右手にリモコンキーを ピコピコ ピコピコ


助手席には サングラスを置いておいたハズである
ピコピコ押しながら 念のため 1台1台 車の中を覗き込む
広大な駐車場である そんな探索活動が20分も続いたのだが…


無いのである!
いや 分からないのである!
どの車も 反応してくれないのである…


紫のワイシャツを着て 
弥勒菩薩のような ハンパなモヒカンの中年が
一台一台 車を覗き込みながら 歩く姿は…


やばい 通報されるかも…


治りかけていた 捻挫の右足も 痛み出してきて
同じ警備員と 何度か視線が 重なったので
仕方なく ディーラーに電話して 車のナンバーを聞いた


はて


私は その車のナンバーを
何故か 近い記憶層に 刻みこまれている気がして
一生懸命 というか すぐに思い出した!


買物をしてる間に 黄色いウグイスの声で
「お客様に お知らせ致します…」 と始まるアナウンスの中で
ハザードが点いてますよ! と 何度か繰り返されていたのである!


オーマイガー!


あとは 実に簡単だった!
ハザードが点きっぱなしの車は
1台だけあったのを 探索活動中に発見していたのだ!


そんなワケで 鶏肉は無事に生のまま 積み込まれ
私は エンジンをかけるべく キーを入れようとしたら…
なんと キーホルダーに ナンバーが書かれていた…


私の記憶力の悪さと 同じくらいの欠陥は 注意力の欠如である
それを 補う程の想像力と閃きへの傲慢が それに拍車をかけていた…
そんなワケで ミョウガは しばらく食べるまいと決意した黄昏だった…

 

|

« おめでとー! | Main | 食感のグラデーション あるいは 失敗 »

Comments

The comments to this entry are closed.