« 8월 2011 | Main | 10월 2011 »

11. 09. 30

痛ましい 見せしめ

Img_3815


| | Comments (0)

11. 09. 29

M 5.6

20110929190902391291905


| | Comments (0)

風と凪とコチュと

Img_3507


「ハンガーストライキに突入しました!」


子供の頃 そんなニュースを聞くと
ハンガーを手にした群集が
デモ行進するものだと 思ってました…

| | Comments (0)

11. 09. 28

動詞をください

Img_3609


ホレば もらえるのでしょうか? 現金・・・
でしたら 喜んで!


| | Comments (0)

11. 09. 27

小人たちの脱出

Img_3718


楽器には 
いろんな思いが こめられており
いろんなモノが 潜んでいます

| | Comments (0)

11. 09. 26

青の白 赤の黒

昨日の試合は 5-3で 見事にウォーターズ勝利!
最終戦(10/16)を待たずに リーグ優勝を決めました!
おめでとーーーー! ありがとーーーー!


3部のBブロックということで
リーグ戦終了後も Aブロック2位のチームと
2部リーグ昇格戦が 控えております!


Img_3781


昨日のトピックと言えば
格闘家?タレント?の ボビーが
相手チームにいたことです!


なんつったって 芸能人であります!
私は テレビが無いのですが
それでも 彼の存在を知ってるほどの有名人です!


後半 フォワードで出場して
渡部陽一のテンポと フランク永井の音域で
「モット コッチ! ハヤク! ハヤク!」 などと喋ってる…


我がチームの監督のハギさんは
ガッチリしたガタイで 重量感溢れるプレイヤーなのですが
彼すら ボビーとぶつかって 吹っ飛んでました…


私も 彼のシュートを 阻止したのですが
ボールを挟んで 私の右足は 吹っ飛びました…
素晴らしいパワーのプレイヤーでした! 


Img_3795


んな感じで ハッピーなゲームだったのですが
私は サッカー人生でも初の 大失態をば…
ああ ハヂカシイ ハヂカシイ…


後半15分くらいのトコで
まだまだ 戦えるリュウに変わって
わざわざ ピッチに出してもらったのに…


5分後に ジャンプの着地で 思い切り右足をひねり
あっけなく 交代・・・
5分ですよ! 5分! ボビーとは わたりあえたけど…


昨夜は 右足首が 左足首の倍くらい腫れ上がっておりましたが
今日は 2:3の5度な関係くらいに 治っております!
しばらくはビッコですが なに ウォーターズの勝利に比べれば!


そんなワケで しばらくは運動できず
本業を頑張って
それでも 笑いが止まらない 頂上対決でした! とさ


| | Comments (0)

11. 09. 25

水軍 第6節

さいたま市民浦和サッカーリーグ
3部リーグ Bブロック
5試合を終えて 連勝中の FCウォーターズ!


練習試合も含めて 大量得点で 勝利が多い今年ですが
快調の理由は… いろいろあるのだけれど
とにかく チームの雰囲気がいい!


そして今日は 第6節 vs Fマイスター!
ついに 1位と2位の 頂上対決であります!
私も ベンチから大声を出して 参戦してきます!


Image


| | Comments (0)

11. 09. 24

ミッションC

Img_3744


| | Comments (0)

11. 09. 23

M 5.0

20110923221608391232212


| | Comments (0)

モノクロのカレンダー

Img_3532


今日が祝日だということ
帰りの車のラジヲで
初めて 知ったさ・・・


どうりで 空いていたワケだ・・・

| | Comments (0)

M 5.1

20110923172013391231715


| | Comments (0)

11. 09. 22

カウントダウン!

激動の2011年も 残すところ 100日になりました!


今年は まだ 1台も楽器を完成させてないんですね…
残り100日で なんとか 1台は作りたいなー
スイッチは入ったから 後は 行動あるのみ!


サッカーでは 練習試合と 公式戦と
合わせて 7ゴールを決めてるから
残り100日で なんとか あと3ゴール決めたいなー


冬山は ちょっと おっかないから
緑から紅葉の間に
残り100日で もう少し 山も登ってみたいなー


人は 生まれた時から 
大きなカウントダウンが
始まっているのだけれど


時々 暦に合わせて
小さなカウントダウンを意識するのも
モチベーションを上げるには 効果的


小節線の中に どれだけの音を並べて
この楽章は どんな曲になってゆくのだろう
そして どこで この曲は終焉を迎えるのだろう


速度記号が どんなものであっても
とりあえず インテンポで 生きてみて
時々 ルバートしたりして

| | Comments (1)

11. 09. 21

しばらく お待ちください

クルクルウォッシャー15号機で
只今 日本列島の衣替えを行っております
なお 夏の清掃に伴い 多量の洗浄液に御注意ください


20110921110000


今年の夏は 頑固だった故
衣替えには 少々 時間がかかっております
なお 清掃後は 秋とさせていただきます

| | Comments (2)

11. 09. 20

大人の中庸

昨日 お会いした方々から
同じような お言葉をいただいた
「また 髪型 変わりましたね 誰かわかりませんでした」


私は 自分でも理解しているのだが
両極端な性格をしている
これは 髪型も然り 坊主と長髪の 両極を好んでしまう


しかし 最近 少し大人になった私は
孔子の如く 中庸を貴ぶ心を抱く境地に至っている
なので 髪型も 両極の間の中庸に変えてみたのだ


坊主と長髪の中庸といえば
それは 何はともあれ モヒカンだろう
なんてたって 6ミリと 6センチが 混在できるのだ


嗚呼 大人だ


しかし 私の天敵 後輩ウララは 執拗である
こんな「論語」を体現している 孔子な私に向かって
『先輩 キューピーちゃんみたいですよ』


これだから 子供は困る


それでも ちょっとだけ 傷ついたので
帰宅してから キューピーの画像を検索してみたら・・・


Img10022233618


あ・・・


キューピーが モヒカンだったとは 知らなかった
『先輩 そのうち オナカも キューピーになりますよ』
腹をさすりながら ニマニマと言いやがった!


私は マゾーラ並みの タレ目なのだが
マゾーラ並みのスピードが 無いため
サッカーで 少しでも 敵を威嚇できる要素を求めていた


その着地点のヒトツに 
きっと 誰もがビビって おっかながるであろう
モヒカンが浮上し バリカンを当ててみたのだが


しかし タレ目では 
どんなに 髪型で恐怖を煽ろうとしたところで
コッケイ という感想しか 与えられないようなのだ・・・


なので
大人な私は
純粋なモヒカンを諦めた


再度 前頭葉の上あたりに バリカンをあてた
今度こそ 長さと 位置の中庸に 成功したのだ!
これで もう キューピーとは 呼ばせない! フフフ


ここまで書いて ちょっと 読み返してみたら
なんだか 私は 矛盾だらけであることに気付いてしまった


はて モヒカンの動機は 中庸なのか 威嚇なのか
タレ目では 威嚇できない と理解しながら 
更に 威嚇できると信じている髪型を 目指しているとは・・・


Img400073387065


いずれ こうなります

| | Comments (0)

11. 09. 19

ミッションC

Img_3704


| | Comments (0)

ミッションT

Img_3700


| | Comments (0)

11. 09. 18

ミッションC

Img_3677


| | Comments (0)

M 5.9

20110918160956391181604


| | Comments (0)

11. 09. 17

ミッションC

Img_3663


| | Comments (0)

M 6.3

20110917043227491170426


| | Comments (0)

11. 09. 16

猫も気から落ちる

Img_3612


集中 集中!


| | Comments (0)

11. 09. 15

M 6.2

201109151710m62


| | Comments (0)

11. 09. 14

ラクライ

昔 ボアネルゲスというバンドを組んでいた
ベースと ドラムと 
私が キーボード という編成だった


それは 浜松の時代だから
もう 20年以上前の話なのだけれど


勤労青少年寮の近くにあった スタジオを借りて
コード展開だけを書いた まっさらな五線譜を渡して
私が作曲したハーモニーと メロディーに 肉付けしていった


ヴォーカルが無い曲だったし
私が 最後に仲間と音楽をしたバンドだったし
一度だけ 我孫子で演奏する機会も あったからだと思うけど


比較的 薄っぺらい記憶だったのに
どこかで聞いた曲が ラジヲから流れて
それが ボアネルゲス時代に けっこう かぶっていた


ふうん


200年前の作曲家と
似たような 音楽なのが
ちょっとだけ 悔しかった


でも 思い出せてよかった
あの頃 スタジオに入って
仕事の疲れを忘れて 夜な夜な ワクワクしていたっけ


落雷 と luck lie をかけたタイトルの曲を作った
たった 3人だけのバンドだったけれど
あの曲だけは あの3人が必要だった

| | Comments (1)

11. 09. 13

晩夏のマジナイ

夏の出張の 最大の困惑は
なんといっても 冷房・・・
竹マットが無いベッドでは どうしても冷房をかけて・・・


11日間の韓国出張で
この 冷房の中にさらされて
まったくもって 体調は現代人になってしまった


なので帰国翌日の 炎天下のサッカーが
実は とても不安だったのだが・・・
ハハハ 杞憂だったさ!


3リットルの水分をとって
滝のように 汗がドバドバ流れて
一気に 元の原始人に戻ることができた!


そして もうすぐ 涼しくなる


あっという間に 寒さとの戦いになるのだろう
残された残暑も そう思えば
少しだけ 愛おしくなるから 不思議なものだ

| | Comments (0)

11. 09. 12

○=18:27

彼女が 突然 いつもと違う顔になって
「実はね」 と 話だしたのは
いつもの店の 十四夜だった


出会った頃から 明るい笑顔なのだけれど
どこか チラリと見え隠れする 淋しい暗さがあって
でも それを 聞くことすらできない 二人の距離感


「実はね 私達には 弟がいたの」


二人姉妹だと ずっと思っていたのだけれど
成人を前にして その弟さんは 
病によって 亡くなってしまった そう話してくれた


『そうだったんだ』


明日は 満月でしょ?
だから 妹と一緒にベランダで夕食をとるの
その夜だけ 弟も一緒なの


あれから 長い年月が過ぎて
彼女は もう知らない どこかで
きっと 幸せにしていると 思うのだけれど


だから 満月の夜には
彼女は まだ ベランダに出てるのかなって
ふと 気になってしまうんだ


今夜は 中秋の満月


太陽は いつだって 
まんまるな御月様を知っている
ぼくらは 時々 会えるだけ


でも だから
まんまるに会えるのは 楽しみなんだ
会えない方が 会いたくなるものなんだ

| | Comments (0)

11. 09. 11

Gis(≒50Hz) ≠ B(≒60Hz) 

Piano1


昨日 仕事でお邪魔した
日本語の話せる仏蘭西人と
フクシマについて いろいろと語り合った


日本人の そして私という個人と
西洋人の そして彼という個人の
こうした事故事件のとらえ方の違いを 知りたかったから


幾つもの支流から 本流へ
時々 本流も蛇行させながら
大海という結論へは もちろん 辿りつかなかったけれど


嫌いな虫なら ピシャリと
憎悪と恐怖を ないまぜにしながら
簡単に スリッパで 命を奪う人間なのだけれど


敵という 選り分けた人々を
殺傷する目的で造られた軍艦が
人道支援に 懸命になってくれたり


もしかしたら 戦争が終わって
最も多くの 日本人の魂が失われた年になってしまうのかな
いや 年間3万人の自殺者がいるから あるいは…


揺さぶる地
狂乱する水
焼き尽くす火


それだけでない
あらたな 目に見えない災いが
これからも 心まで蝕もうとしているけれど


でも 私は ここにきて
みんなが 節電に これだけ協力したことに
本当に 本当に 感動しているんだ


所詮 出来ることしか 出来ないのだけれど
その意識を 共有し 実行できるというのは
多くの犠牲と同じくらいに 後世へ伝えて欲しいと思うんだ


これからも 加速するかも知れない 風評被害を含めて
最も懸命に 困難と闘って それは 最も生きようとしてる人々へ
「死の街」などという人は 謝る資格もないよね


カタチとして 出てくる 言葉の問題でなく
そうした 点と線でしか描けない 平面な意識の問題で
立体で しかも 時間と温度まである 人間という存在なんだから


仏蘭西人と私は 同じ水質 同じ速度の流れだった
それは 西洋と日本とか 彼と私という カテゴリーを超えて
人どうしとして 公倍数があったからだと思うんだ


最大公約数には 限界があるのだけれど
最大公倍数は 無限なんだから


聴覚が ハーモニーを感じられるのは
共通の振動数の倍音を持っている音どうしだけなんだ
痛みと協力と この夏の日本は ハーモニーに満ちていたよね きっと


| | Comments (0)

M 4.2

20110911191314391111909


| | Comments (0)

11. 09. 10

E=mc²

258089302


明日は いろんな意味で 
それぞれの人々が 
それぞれの思いを抱く日になるのだろう


10年前と 半年前と


人間は 名前をつけるのが好きな動物だ
生物に 大きさに 事象全てに
そして 時間にも 名前をつけて


それは 記憶したがる特性によるのかも知れない


過去は 記録された 記憶から学び
未来は 記憶から描かれる 想像力で創り
この瞬間の ひとつひとつだけが 記憶から自由であって


時々 そういった 領域から
はるかに離れた 次元を生み出す者がいて
ノーベルとか アインシュタインとか


でも 人々は 記憶の連鎖の中で
新しい次元さえ 不自由な領域の
陰惨な材料にしか 活用できなかったりする


記憶が不自由な私は
時々 なんて自由なんだろうと思う
失うモノも多いが 得難いモノに満たされている


| | Comments (0)

11. 09. 09

日々外食 ⑪

Img_3578

サンドウィッチ


Img_3579

機内食


Img_3580


そんなワケで 生還致しました
久しぶりに アジトでゴハンを作って食べました
キンピラ キムチ 味噌汁 


なにより 11日ぶりに飲んだ 
苦い苦い 悶絶茶が美味いこと 美味いこと!
さて 疲労とフレッシュの中で 日常再開です! 

| | Comments (0)

11. 09. 08

日々外食 ⑩

Img_3569

コグマ (さつまいも:8時半のオヤツ)


Img_3572

ヨルムグクス (夏そば? 水キムチに素麺)


Img_3573

スンデ (19時のオヤツ)


Img_3574

コムジャンオ (ナントカウナギ!忘れた!)

| | Comments (0)

M 5.2

20110908224325391082238


| | Comments (0)

11. 09. 07

日々外食 ⑨

とにかく 時間に追われて メシどころじゃありませぬ


Img_3565


10時のオヤツ


Img_3568


フライドチキン (半分にしてもらいました・・・)


| | Comments (0)

11. 09. 06

日々外食 ⑧

Img_3530


コングクス


Img_3540


ビビンバ


Img_3562


焼肉

| | Comments (2)

11. 09. 05

日々外食 ⑦

Img_3515


ケソンマンドゥ (茹で餃子)


Img_3519


韓定食


Img_3529


スユクケコギ (犬)

| | Comments (0)

11. 09. 04

日々外食 ⑥

Cimg1862


ヘムルパジョン (海鮮チヂミ)


Cimg1906


コプチャン マクチャン (ホルモン)

| | Comments (2)

11. 09. 03

日々外食 ⑤

朝飯 寝坊の為 ヌキ


Img_3508


ジャジャーミョン (お客さんの家で強引に摂取)


Img_3512


チャンオ (ウナギ)

| | Comments (0)

11. 09. 02

日々外食 ④

Img_3503


スンドゥブチゲ (豆腐)


Img_3504


10時のおやつ (兼昼食)


Img_3506


ナッチポックム (タコ)

| | Comments (3)

11. 09. 01

日々外食 ③

Img_3499


オジンオポックム (イカ) 


Img_3500


3時のおやつ


Img_3502


オリクイ (鴨)

| | Comments (2)

« 8월 2011 | Main | 10월 2011 »