« FF-45 ジャック前面 | Main | FF-47 下手な説明 »

09. 11. 24

FF-46 ジャック背面

ピアノのアクションには ふたつの種類がある
ひとつめは 突き上げ式 と言われている プッシング・アクション
ふたつめは 跳ね返り式 と言われている バンビング・アクション


で この強弱ジャックは バンパーをつけてるので バンビング・アクション


背面の0.2ミリくらいの突起を
レジスターにぶつけて
ジャックの速度に応じて ツメと弦の距離が変わるというもの


Img_2754


07年のモノは 0.6ミリくらいのテグスを
ジャック背面の 幅 いっぱいに取り付けていた


幅が広いと 安定感はあるけれど
戻ってくる時の摩擦も 大きくなる
なので 今回 最初は 上写真の左のように やや幅を狭めた


Img_3228


けれど 試していくうちに
もっと 狭くても強弱が出ることが分かり
最終的には 幅の1/3くらいのバンパーで決着


材質は 0.435ミリのテグス (7号の釣糸)


最初は金属を考えていたんだけれど
衝突させる時のノイズが うるさいから
ツルツルして 硬すぎない テグスを選択


バンパーは 溝が彫ってあって
そこに 半分 埋まっているので
背面から 飛び出ているのは 0.2ミリ


この 僅かな突起は
テコの原理で ツメの部分は もっと大きく振れる


ゆっくり押せば ノーマルなツメの位置のピアニッシモ
ちょっと早く押せば ツメは やや弦に近づき ピアノ~フォルテ
しっかり早く押せば ツメは 完全に弦を引掻きあげ フォルテッシモ


なーんて 簡単には いかないのだけれど・・・ 

|

« FF-45 ジャック前面 | Main | FF-47 下手な説明 »

Comments

いつの間にか立ち消えになってしまったと思っていましたが、出来上がりそうですね。楽しみにしています。
もし上手くいったら、元旦は・・・なーんて。

Posted by: おおぐま | 09. 11. 25 at 오후 8:15

Dear おおぐま

元旦・・・
こんなん持って行ったら
大塚君に殺される・・・ 塩尻に埋められたくない・・・

Posted by: アノニモス | 09. 11. 26 at 오전 6:39

The comments to this entry are closed.

« FF-45 ジャック前面 | Main | FF-47 下手な説明 »