« 惜しいほど おもしろい | Main | イトーシン »

09. 06. 11

嗚呼 愛おしの コムジャンオ

朝寝坊して 飛行機に乗り遅れた
悪夢の韓国出張から 3ヶ月が過ぎた


最終日の夜 
杣は ソウルのコンバス奏者と飲んでいて
最初はコプチャン そして2件目 コムジャンオを喰った


Img_7903


今だから 告白するが
実は この後 コンバシストは泥酔&爆睡し
杣が タクシーに押し込み マンションまで 送っていったのだ


知人のチェンバリストに 電話をして
コンバシストの住所を 聞き出し
タクシーの運転手に 伝える


到着して キュートなワイフが迎えに来てくれたのだが
コンバシスト タクシーの中で 爆睡中!


30分ほどねばって ようやく引きずり出して
杣は そのタクシーに乗って宿へ帰り 
メンタマが飛び出るほどの タクシー代を払って帰宿した


普段 自分が激しく泥酔するが
泥酔者を介護することが こんなに大変とは・・・
初めて知った・・・ 



いや 違った
そんなコトを書くのではなく
今日は コムジャンオの紹介だ!


長魚=チャンオ=うなぎ


これまでに 何度も 普通の鰻は ソウルでも食べたことがあった
塩味 醤油味 コチュジャン味 と
蒲焼につけるタレも 様々で これはこれで 美味い!


しかし コンバシストが連れて行ってくれた鰻屋は
深海ウナギ とか ヤツメウナギ だのの種類だそうで
これが やたらに美味かったのだ!


皮を剥いだ 生きたウナギを
網の上において 突然 焼く!
すると ウナギは グルーブなダンシング!


網の上は まさに ジュリアナ!


その後 はさみで ぶつ切りにして
タレをつけて いただくのだが
骨ごと喰えて とにかく 美味い!


上の動画は すでに ぶつ切りにされた
ウナギの フィーバーナイツな腰振りだが
ま プロセツは違っても 美味いもんは 美味い


実は ケンタと旅に出る
その時 密かに 犬鍋を食わせて
同時に この コムジャンオを 喰わせようと画策しているのだ


でも あいつ 心優しいから
この 踊るウナギ見たら
喰えないかもな・・・


まてよ


昨年の8月に 一緒に浜松に行った時
目の前で クネクネしながらも 捌かれていくウナギを
ウメーウメーと 喰っていたっけ


そっか じゃ 大丈夫だ!


あー コムジャンオ 喰いてーーーー
新大久保でも 喰えるらしいから
ちょっと 予習に行ってこようかな・・・

|

« 惜しいほど おもしろい | Main | イトーシン »

Comments

The comments to this entry are closed.