« 山閑紫音 | Main | 例えば 25 »

09. 03. 24

サクラサク頃

咲いても 咲かなくても
大さわぎ 大さわぎ
そんな 青い春 それでこそ 青い春


Img_8221


やがて 


朱い夏に興じ 
白い秋に佇み
玄い冬に泣く


やがて また 青い春


大人が咲かせるサクラは
採点でも 祭典でも なく
ひっそりと しっかりと まったりと


おめでと
そして 
さよなら 玄い冬

|

« 山閑紫音 | Main | 例えば 25 »

Comments

木山様、詩人ですなぁ・・・。
う、美しいです。

暑く戦う朱い夏が過ぎて白い秋に入った、アラフォーのこぐまより

Posted by: こぐま | 09. 03. 25 at 오전 2:34

The comments to this entry are closed.

« 山閑紫音 | Main | 例えば 25 »