« 雌雄判別 | Main | 愉快なポリゴン・ファミリー »

09. 02. 20

痛い言葉

痛い映像 というのがある


  それは 実際にグサリと バッサリと グニャリと されているのでなく
  なにかを排除して なにかをデフォルメして
  見てる者に 痛いと思わせる映像である


  ま 一番分かりやすいのが 北野監督の映画なんかが ソレだろう


痛い音 というのも ややある


  ガラスをひっかく音は 鋭く痛いし
  木が軋む音は どんよりと痛い
  弦が切れる瞬間の音は 激しく痛い


Girochin


もちろん 痛い言葉というのもある


なにかが 痛い・・・
そう感じるのは 男性だけだろうか・・・
せめて 亀でなく 鬼であることに かすかな救いを感じるが・・・

|

« 雌雄判別 | Main | 愉快なポリゴン・ファミリー »

Comments

ギロチンって歴史上名高い?
のわけはないですよね。

何の工場だったのか気になります。

Posted by: 匿名希望 | 09. 02. 21 at 오전 7:37

The comments to this entry are closed.

« 雌雄判別 | Main | 愉快なポリゴン・ファミリー »