« ミッションR 録音終了 | Main | そうか そうだったのか! »

09. 02. 12

=とACの狭間


調律屋が扱う数字なんて それほど複雑じゃない
設計では 張力や応力 そして インハーモニシティー
それから 巻弦の計算くらいできれば こと足りるし


音律では 対数  冪根累乗 それくらい解れば
セントや比率も計算できるし 唸りの数も算出できる
まあ いずれにしろ 高卒レベルで なんとかなるレベルである


Img_6877


20年近くも前 ピアノ設計の講座の為に
確か 5千円くらい出して 購入した 関数電卓
今でも活躍してくれている 電脳機器は これくらいなものだろう


でもね


きっと 今までに 一度も押されてないボタンが
たくさんあると思うんだ
なんつたって 使いこなせるワケもないからね


パソコンの 最上列のFがつくボタンと同じように
きっと 廃棄されるまで 僕の指紋を知らずに
いつの日か 葬られてしまうんだろうな


一番 たくさん押してるボタンは 何かな
=かな ACかな


長いプロセスを経て ようやく答えを出すこと
せっかく出した答えを クリアーしてしまうこと
終わりと 始まりは 意外に あっけなく訪れる


加減乗除で辿り着くのが 和差積商
加減乗除では たくさんのボタンを押すのに
和差積商は =とACの狭間に存在する


さ ACを押して 新しく始めよう
もっと もっと 遠くにある=を目指して


 

|

« ミッションR 録音終了 | Main | そうか そうだったのか! »

Comments

The comments to this entry are closed.