« 再利用 | Main | 心の双眼鏡 »

09. 01. 23

ミッションC 聴衆三昧

つくば ノバホール ホワイエ


Img_6668


アンサンブル音楽三昧


123


音楽三昧といえば 「編曲」という濾紙を 濾した音を紡ぐ演奏 と云えよう


編曲を担当している 田崎瑞博は 
音楽史上 もっとも偉大な作曲家は誰か という問いに
それぞれの趣向を尊重する と回答している


が 


もっとも優れた編曲家は誰か
という問いに対して 自信を持って
「J.S.バッハである」と 回答している


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


コンサートは 冒頭 15分程のトッカータの後
休憩に入り
ゴールドベルク変奏曲が 90分


縦横の糸が織られた布の
その繊維を 一度 ほぐして
そして 再び 新しい色と太さを持った繊維で 織りあがられた音楽


90分は その新しい触感の生地のような音楽で敷き詰められている
曲を 追いかけるもよし 
演奏の粋に ニヤリとするもよし


演奏という アンサンブルの興しみ
そして 編曲のライバルである バッハを編曲する田崎の挑戦
聞き手も いろいろな聞き方三昧なコンサートだった!


東京公演も あるぜよ!

|

« 再利用 | Main | 心の双眼鏡 »

Comments

The comments to this entry are closed.