« 権兵衛-33 ギャップスペーサー | Main | 権兵衛-35 切り替えレバー »

08. 12. 19

権兵衛-34 ヒッチピン

響板は サンディング・シーラーで
とりあえず 外気からの影響を
直接 受けないように塗装


Img_6234


4フィートのヒッチピン
ヒッチピン・レールは 内部材と接着されているので
これが 張力で 歪むことは無い


Img_6232


楽器内部を サンディング・シーラーで目止めし
まずは 黒く塗装 それから 金色で塗装


そして 8フィートのヒッチピンを打つ


ヒッチピンで 振動を吸収されるのを防ぐため
2ミリのステンレス材で 強度だけは大きくとる


そろそろ 鍵盤材の調達をしに 新木場へ行かねば・・・
木工になるので 灯油も 買ってこなければ・・・
というより 外仕事との切り替えが うまく出来ない・・・

|

« 権兵衛-33 ギャップスペーサー | Main | 権兵衛-35 切り替えレバー »

Comments

・・・・・
わかんない・・・

Posted by: ペッパー | 08. 12. 19 at 오후 10:57

Dear ペッパー


カタジケ無い・・・
もっと 分かりやすくなるよう
努力しなければ・・・

Posted by: 某閑人 | 08. 12. 25 at 오후 11:40

The comments to this entry are closed.

« 権兵衛-33 ギャップスペーサー | Main | 権兵衛-35 切り替えレバー »