« ミッションC (秋の陣⑨) | Main | 秋の陣 ⑪ エネルギー充電! »

08. 11. 15

秋の陣 ⑩ We are over

ソウルに帰ってきた
ようやく インターネットに接続できる
PCからは 「薔薇の中の薔薇」が 流れている


Img_4708


例えば 君が 音楽家だったとしよう


演奏する為に コンサート会場へ行き
「音楽しなくていいから 適当に 楽譜通りに弾くだけでいいから」
そう言われたなら どんな気分だろうか


あるいは 


演奏よりも 楽屋の掃除を頼まれて
一生懸命 綺麗にして いざ本番 という時になって
演奏する権利を奪われたら どんな気分だろうか


11月は いくつもの 大切な仕事をキャンセルして ソウルに来た
大切な人たちには 本当に申し訳ない気持ちで
だからこそ いい仕事をしようと 頑張った


この韓国での仕事を請けるにあたり Gとは 約束をした
コンサート前 1時間は 調律の時間にしてもらうこと
たった それだけの約束も 彼は反故した


とにかく 狂い易い楽器を含めて 2台の鍵盤楽器である
「良きコンサートが為に」
その為に 1500キロも離れた都まで来て また 裏切られた


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1曲1曲 ステージのセッティングが変わる
それも 音楽の邪魔にならないようにと 完璧な準備をして
ステージマネージャーも やっている


しかし これは 本業ではない
どころか 本来 そんなコト する義務もない
しかしながら ステマネを当然の如く考え リハは 無駄に長い


ま こんな愚痴は 明日で最後だろう
彼とは これからは仕事をしないどころか 
2度と 口を聞くつもりもない


良きコンサートが為に


調律屋が出来ることは
楽器のコンディションを 最良の状態にすることでしかない
その権利さえ奪うセッキとは 共にいないことが 最良の解決だろう


・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・


もうひとつ 事件が起きる


韓国では まだ 音楽的派閥がある
Gを最初に招聘したのは Jというチェンバリストで
後に Mというチェンバリストになった


この JとMは 同じ大学の 先輩後輩でありながら
仲が悪い どころか 敵対しあっている
そして Gは2004年以降 Mの招聘のもと 訪韓している


昨夜 コンサートの休憩時間に (俺は必死こいて調律していたが)
後輩が このMという 一見 優しそうな女性から 軽い暴力を受けた
そして それでも後輩は 泣きながらも 最後まで忍耐しながら ステージスタッフを勤めた


話が 長くなりそうだが
キチンと釈明しておきたい


Jの友人の フォルテピアノ奏者が (Kという名前にしておこう)
Gに レッスンを受けたいという話があり 
それを Gに伝える役目を授かった


しかし 俺は馬鹿のオカゲで リハが延長し
その話を Gに伝える時間がなく 後輩に頼んだ
それを Mが 聞き及んだらしい


そして コンサートの休憩時間
俺は 楽器移動をして 調律している間
後輩は 必死にステージを変更していた


そこにMが来て Kについて 後輩に問いただした
恐らく 敵対しているJの関係者であることを 感知し
面白くなかったのだろう


後輩は 俺のメッセージを Gに伝えただけだから ナニも知らない
しかしながら Mは 後輩に執拗に問いただし
ついには 後輩のホッペを ツネリヒッパリして行ったらしい


何がなんだか分からない後輩は
その痛みと 悔しさと 怒りに 泣きながらも
最後まで ステージマネージを 完璧にこなした


冷たい俺は そんな後輩に対しても
慰めの言葉を ひとつもかけなかったが
コンサート終了後 Mにつめよった


「後輩が泣いてる 謝れ!」


Mは 慌てて後輩に 謝りに来たが
『韓国では 可愛い女子のホッペをツネるのが 愛情表現なんだ』
という嘘を 平然とついて 俺に通訳させた


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


オレは こんな思いをするために 韓国まで来たのか?
こんなズルい人間のために 韓国まで来たのか?
コンサートが上手くいくために 韓国まで来たんじゃないのか?


明日は 最後のコンサート
文字通り Gとも Mとも 最後のミッションである
ケーセッキヤ! シーパル! 

|

« ミッションC (秋の陣⑨) | Main | 秋の陣 ⑪ エネルギー充電! »

Comments

大変だったね。Gからも報告が来てて、心配していたよ。
別便でメールするね。
でも、楽屋の掃除を頼まれて、演奏の機会を奪われてという例えは、まったく私のことかを言っているのかと思って読んでしまいました!
気持ちがぶれると、トラブルを呼び込んでしまったりするから、
帰国するまでは、ご自身のために頑張ってください。

Posted by: るりえ | 08. 11. 16 at 오전 2:32

工作員さん自身と
何よりも演奏会を楽しみに
会場に足を運ぶ方たちのために!

ここは本当に「我を張ってください」(;;)

Posted by: 笛吹きちゃん♪ | 08. 11. 16 at 오후 1:13

アイゴー。。。。。。。。
ご無事なお帰りを待っています。

Posted by: ichigokko | 08. 11. 16 at 오후 4:27

JとMも、争っていないで力を合わせればいいのに・・・
大将は、またゲネプロ長引かせたのね・・・
お疲れ様
気をつけてお帰りください。

Posted by: おおぐま | 08. 11. 16 at 오후 7:23

無事日本に走って帰ってくるまでが遠足…じゃなくてツアーなので、無事戻ってきてくださいね!!

Posted by: おーとも | 08. 11. 16 at 오후 10:54

がんばって!

Posted by: 440 | 08. 11. 17 at 오전 10:18

ホッペ、、、かわいそう。(泣)
某さんも大変でしたね。。。(涙)

Posted by: こっこみゅ | 08. 11. 17 at 오전 11:51

また色々と御迷惑をおかけしてしまった事、大変に申し訳なかったです。
自分が身勝手で怠惰で無神経な為に、過剰な労働と精神的苦痛をも与えてしまったのですね。
でも、やってもらって当たり前、みたいなつもりでは決してなかったのです。
今更、言い訳しても、反省しても謝っても仕方ないですけれど・・・

こぐま

Posted by: こぐま | 08. 11. 17 at 오후 11:13

初めてブログを拝見させて頂きました。

すみませんでした。
とても心苦しいです。荷物のこと、リハ中のこと、本番中のこと、何度も、私も何かやらせてもらえるか聞いてみようと思っては、かえってじゃまかもと思いとどまったりしていました。

こぐまさんの言うように、やって頂いて当たり前、等とは全く思っていなかったこと、どうか、ご理解下さい。思っているだけで、何も行動しなかったこと、ものすごく反省しています。

Posted by: いいづかなおこ | 08. 11. 18 at 오전 3:15

Dear みなさま

温かい お言葉 ありがとうございました
携帯にコメントが 転送される度に
元気をもらっておりました! 感謝です!

それから 共演のみんなには
不愉快な思いをさせて ごめんなさい!
みんなには 関係なく
彼と俺の約束だったので
もっと 感情を抑えるべきでした

演奏は あの拍手が 正直に物語っているように
とても 充実したものでした!
だからこそ 何度も調律がメロメロに狂ったことが
心苦しく 腹立たしく キレてしまいました・・・

コンサートの流れの中で
喜んで ステマネで協力したいと思っているけど
調律で 邪魔をしてしまうのは
調律屋には 一番 音楽に対して 申し訳ないことなのです
悔しいです

あらためて お疲れ様でした!
いろいろ ごめんなさいでした!
そして ありがとうございました!

Posted by: 某閑人 | 08. 11. 21 at 오전 10:48

The comments to this entry are closed.

« ミッションC (秋の陣⑨) | Main | 秋の陣 ⑪ エネルギー充電! »