« ミッションR 収録終了! | Main | ミッションC 完全4度なデュオ »

08. 09. 11

サルマタ

スーパーの下着売場で (もちろん男性のだよ) ふと 思い出した


しばらく前のことだ
仕事に向かう車の中で 
いつものように 機関銃のような 後輩のトークが炸裂していた


「先輩知ってます? 鹿が出て 高速道路が通行止めになったの」
『知らん』
「テレビでやってたんですけど 警察がサルマタで鹿を 追いかけ回してたんです」


この時点で オチは想像がつくだろう
がしかし ここは イチイチ 後輩の会話の通りに
絵を想像して欲しい


『サルマタなのに なんで警察って わかるんだ?』
「そりゃ 警察は 誰だって分かるじゃないですか」


この時 杣は サルマタを履いた人間が
鹿を 追い掛け回している絵を 頭の中で描いていた


『だって 警察はサルマタで 鹿を 追いかけてるんだろ?』
「警察は 制服着てるから すぐ分かるじゃないですか!」


この時 杣は サルマタを履いて
上着だけ 制服の警察を 思い描いていた


『で どうやって 捕まえようとしてたんだ?』
「だから サルマタで捕まえようとしてたんですよ!」


心なしか 後輩は イライラしている
しかし 杣は 制服の警察が サルマタを手に持って
鹿を追い掛け回している絵を 想像していた


『サルマタで どうやって 鹿を 捕まえるんだ?』
「だからー きっと 鹿の首とかを 押さえ込もうとしてたんですよ!」


この辺りで ようやく 理解できた


『お前 それは サルマタでなく サスマタじゃないのか?』
「なんです? サスマタって」
『棒の先に Uの字の金具がついて 首ねっこを 押さえ込むやつだよ』


「そうです それです サルマタです!」
心なしか 後輩は 声が明るくなった
『あのなー サルマタってのはな モモヒキのコトだぞ』


「いやらしー 先輩 だから ゲイとか サブちゃんとか 呼ばれるんですよ」
心なしか 後輩の声には 嫌悪感が漂っている
『あほ サルマタで 首ねっこ掴む方が よっぽど変態だと思うんだが』


甚だしい勘違いの挙句 
人を変態呼ばわりするヤツである


いっそのコト 勘違いさせたまま
他人の前で もっとハジをかかせればよかったのだが
こちらも ついムキになって 正しい国語を 教育してしまった・・・


そういや 韓国の飲み会の時 
後輩は 会長に向かって 「先輩はホモなんです」と ぬかしやがった


おかげで 冷めた視線が5人
今まで以上に 親しく抱きついてきたヤツが一人いた
彼とは 別れぎわに 激しく抱き合い 
そのまま 道路にぶっ倒れた記憶がある・・・

|

« ミッションR 収録終了! | Main | ミッションC 完全4度なデュオ »

Comments

趣味趣向は人によって違うもの
人として魅力的であればヨイではないですかhappy01
なんちゃってbleah

Posted by: 笛吹きちゃん♪ | 08. 09. 13 at 오전 9:14

Dear 笛吹きちゃん

ちょい待った それじゃ まるで杣がゲイであることを
認知し かつ 享受 しちまったようではないか!
違う 違う
魅力的では無いが 立派なオンナタラシなんだぞ!

Posted by: 某閑人 | 08. 09. 17 at 오전 7:40

The comments to this entry are closed.

« ミッションR 収録終了! | Main | ミッションC 完全4度なデュオ »