« 踊れクーロン | Main | ミッションC 湯布院のカリスマ »

08. 08. 16

可能性の誕生

大きくても 小さくても
自由というのは 厄介なものだ
人間がルールを考え出したのは
恐らく 楽するためだったのだろう


そもそもは 太陽の光のように
まんべんなく 強烈に 自由は存在している
眩しいから 暑いから 
影を生み出す ルールを翳して 光をしのぐ


ようやく辿り着けた 安住の影のエリアから見れば
光輝く ルールの外は 確かに眩しく映ることだろう
人間同士のルール 心の中のルール
それは 裁くためではなく 楽をするための叡智


俳句の17文字だけで 小説以上の世界を展開することができる
僅か16小節の音だけで 交響曲を凌ぐ世界を響かせることができる
ルールの外の自由を 生きていくのは難しいけど
ルールの中の自由を めいっぱい生きられれば 楽しいだろうな


(MIXY H512)

|

« 踊れクーロン | Main | ミッションC 湯布院のカリスマ »

Comments

The comments to this entry are closed.