« 夏の開会式 | Main | 夏の晩餐 »

08. 08. 23

夏の惨敗

011


そんなワケで 7時から朝食会場に行き
眠そうな韓国人と共に 朝食を食べる
三日間 我々は缶詰状態で 彼らと一緒に食事をいただく


8時に あわただしく 準備を終えて
通訳の イ・ポジョン翁と 打ち合わせをする
そして いよいよ夏の陣が 始まった


当初 メールでの連絡では
4時間 ふたつのセミナーを やってくれ と なっていた
なもんで 構造と調整 古典調律の理論と実践 を準備した


しかし スケジュール表を見て
これは 同じ内容を 2回やらなければいけないコトに気づき
あえて 内容を短縮したものに 変更した


026


前半 構造と調整は 大ウケだった
なんてったって ジャックの模型を作るのである
セミナーでは こうした実習は 喜ばれる


後輩も あちこちの席へ赴き 作り方を説明してくれる
中でも スプリングの取り付けは 素晴らしい作品が誕生していた
まったく 想像を絶するスプリングの取り付けに 春ではなく冬のように寒かった


最初は 5人くらいから始まり 最後は15人ほどの聴衆が来てくれた
部屋の大きさ的には これ以上 入ったら
ちょっと 息苦しいくらいである


で ジャック製作の後 調律理論が始まった
ここから 空気は冷え冷えとしていく


内容が ハイレベルなせいでもあった
通訳の翁は その限界を超える内容でもあった
理由は たくさんあるが やわらかい内容にすることは 出来なかった


夏の陣 初日は 敗北である


029


これで チェンバロへの興味を 増幅できたとはいえない
もしかしたら やっぱり難しい なんて感想を与えてしまったかもしれない


セミナーは 語り手の 知識の披露会になったら 失敗である
得た情報が いかに やる気を引き出させる動機になるか
僅かでも そうしたエネルギー源に ならなければ いけない


準備した時間とエネルギーは 無駄に終了した
明日のセミナーでは 大幅に 内容を変更してみる予定である


無数に放った 好奇心という毒を持った矢は
どうやら 敵陣へ届くどころか 真上に向かってしまったようだ
全ての矢は 喪失感という毒に変化して 真っ逆さまに 自分に降ってきた


さて 今夜は 晩餐会がある
鋼鉄の肝臓を持った同士達と 死ぬほど飲んで
明日への英気を 養おう


くそーーーーーー!

|

« 夏の開会式 | Main | 夏の晩餐 »

Comments

成功の母ですからrock

Posted by: 笛吹きちゃん♪ | 08. 08. 23 at 오후 9:44

ファイティン!!

Posted by: ichigokko | 08. 08. 24 at 오전 3:01

Dear 笛吹きちゃん

こん時は マジ 凹みましたわ
オレ 何しに ここまで来たんだろうって
でも その悔しさが 良かったのかも


Dear ichigokko

どうも グリグリ頭です!
韓国では パイティン!
ベーゼンドルパー です

Posted by: 某閑人 | 08. 08. 28 at 오전 7:45

The comments to this entry are closed.

« 夏の開会式 | Main | 夏の晩餐 »