« 夏の惨敗 | Main | 夏の勝利 »

08. 08. 23

夏の晩餐

Img_2008


17時から サミックピアノの イ・ヒョングク社長が
「ピアノ業界の現在と未来」と題して 特別公演


大きなふたつのモニターには
様々な画面が映し出され
ピアノ業界の現状と 打開策らしき内容が映し出されていました


Img_2020


そして 18時から晩餐
まずは ヤマハミュージックコリアの 山森社長が挨拶


ピアノ生誕300年という時代でありますが
ヨーロッパで誕生し 変貌を遂げてきたピアノは
現在 中国・韓国・日本・インドネシアで 世界の95%を生産しているそうで


まさに 生産数だけをとれば
ピアノは アジアを中心に 新しい歴史を刻んでいます


Img_2035


そして ソ・サンジョン元会長が 乾杯のスピーチ!
「ウリヌン ハナダ! (我々は ひとつだ!)」
88年の ソウルオリンピックの合言葉を 高らかに叫び 宴が始まりました!


えー この言葉 とても気に入りました
全国から集まってきた 韓国の調律師の情熱は
まさに この一言に 尽きると思います


次回の日ピの会報のタイトルは これで決まりです


052


食べ放題 飲み放題 ビュッフェスタイルの晩餐を
更に 盛り上げてくれたのが
大きなスクリーンに映し出された オリンピック中継!


韓国とキューバの 野球の決勝が 生中継で映し出され
ひとつひとつのプレーに 歓声やら ドヨメキやら・・・
日本対韓国の試合でなくて 本当に良かった・・・


Img_2041


しかしながら 野球は最後まで見られず
途中から 会員達による コンサート!
サックスやら ギター ピアノ いやー たいしたものです!


ここまでは よかった


この後が 地獄だった


隣の席に座っていた 後輩が
「先輩はギターが上手いんです!」 などと会長にチクったものだから
さー 大変!


一度は トイレに逃げ込み そろそろ 免罪になってるかと思って
こっそりと席に戻ったら 元会長に拉致され ステージ上へ・・・


「これがギターですか 初めて見ました」
などとギャグを飛ばしながら しぶしぶ オリジナル曲を弾きました
タイトルは 「あの夏のペンギン」


065


これは まったくもって 後輩に対して 怒り心頭しました
クラシックギターは フォークギターより はるかにネックの幅が広く
おまけに 酔っ払い状態で 突然の恥さらしであります!


自分の曲なので 間違えても 誰もわからないのですが
とにかく 極度の緊張に 足が終始 3センチほど上下に震えてました


しかしながら 転んでもタダでは起きない性格であります
演奏者が コンサートで緊張する気持ちが
すごく よく分かって 良い経験が出来たと 今では思ってます


072


そんな サムーい 日本人の後に トリを盛り上げてくれたのが
初日のセミナーにも 参加してくれた 舞姫 イ・チヨン
ポップなミュージックに 一人で 延々と踊って オジサン達 大いに盛り上がってました

|

« 夏の惨敗 | Main | 夏の勝利 »

Comments

The comments to this entry are closed.