« 俺の祝酒 | Main | 踊れクーロン »

08. 08. 14

見えない傷

真鍮の板を 切り出して 整形して
穴を開けたり 細工をしたり
見える部分の部品だったから
最後に ピカピカに磨いた


磨くという作業は
キズをつけるということ
今ある傷より もっと細かく もっと沢山キズつけて
ようやく 前の傷が 消えていく


そして それを何度も繰り返して
肉眼では 見えない傷を 無数につけていくと
いつしか 輝いているように見える
ピカピカに 光沢を宿しているように見える


たくさん 傷ついて 傷ついて
人間も磨かれていくのかも知れない
ピカピカの真鍮に映った 僕の顔は
まだまだ 曇っていた


(MIXY G425)

|

« 俺の祝酒 | Main | 踊れクーロン »

Comments

The comments to this entry are closed.