« ミッションC | Main | 発汗のススメ »

08. 07. 15

遅い誕生会

ケンタと 二人で 遅ればせながらの誕生会をやった
相変わらずの ケンタ時間で 現れたケンタは
相変わらずの 快活で ユーモアに溢れている


ケンタと 初めて会ったのは もう 何年前のことだろう


彼が大学4年生の夏休み 埼玉のチェンバロ工房に来た時
コンサートの仕事を 手伝いに行く ということで
横浜の美術館で 我々は 初めて 出会った


当時 杣は 頭を坊主にしており 作務衣を着て 丸眼鏡をかけていた


楽器運搬のアシスタントには やはり調律学校在学中の 後輩が来ており
杣と 後輩と ケンタは 夏の横浜で 偶然 合流した
そして ケンタは 後輩の蹴りを この時 初めてくらっていた


工房に帰って ケンタは師匠のKに こうノタマわったという
「杣さんは どこの お寺の人なんですか?」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


あれから 恐らく 10年くらい過ぎただろうか 


今では 後輩も ケンタも 独立し
それぞれの道を しっかりと歩いていて
信頼と実績を 積み上げている


少しばかり 早く生まれた先輩としては
それは とても 嬉しいことで
両者とも 大切なライバルで 大切な仲間である


飲みながら 絶対年齢の話になった
「人間は 絶対年齢ってのが あってですねー・・・」
ケンタの饒舌に 杣は フムフムと 耳を傾ける


で 人間の絶対年齢でいけば
杣は 後輩や ケンタよりも 幼いらしい
まあ 自覚はあるのだが・・・


十年ぶりくらいの 坊主頭の 杣を笑いながら
懐かしい話や これからの話に 盛り上がった


我々は 音楽への求心力で ベクトルを合わせることができる
こうした向上心を お互い いつまで 抱き続けることが できるだろうか
10年後 杣は 坊主頭かどうか分からないが こうして 笑えるだろうか


来月 杣の原点の街へ 旅する約束をした
杣は この20年間で すり減らした ナニカを 再生できるのだろうか
ケンタは 新しい楽器へのアイデアを 吸収できるのだろうか


社会へ出た20年前 今の自分は想像できなかった
ケンタと出逢った10年前 今の我々は想像できなかった
音楽へのベクトルを違わない限り 想像できない未来へ 歩んでいければいいのだが


ケンタは 「日本一の若大将」という DVDを プレゼントしてくれた・・・


|

« ミッションC | Main | 発汗のススメ »

Comments

浜松はかつて軽便鉄道の王国だった・・
いまは息子が住んでるんです

Posted by: 愛宕町私設ライブラリ | 08. 07. 16 at 오전 10:59

Dear 愛宕町私設ライブラリ

まじ? 805に行ってくるよ!
そんじゃ 御子息を苛めてくるか イッヒッヒ!
罪な うなぎ屋を 教えてやるぜ!

Posted by: 某閑人 | 08. 07. 31 at 오전 7:56

The comments to this entry are closed.

« ミッションC | Main | 発汗のススメ »