« モソモソ古着の代償 | Main | ポルトガルの小舟 »

08. 06. 17

鮮やかな緑と 穏やかな痛みと

青汁を飲んでいる時
何故か その飛沫が 真っ白いTシャツに かかってしまい
思わず アチャと 落胆したものの


白地に くっきりと存在する 緑の点は
あまりに 美しい色をしており
しばらく 見とれてしまったりする


かと思えば 
全身に青汁を 塗りたくれば
自分も光合成が出来るかも などと同時に考えていたりする


Img_0213


感じたり 考えたり している時
それは 幾重もの処理が 同時に行われていて
それを記憶したり 表現したりするのは 難しい


感じている時には 比較的 シンプルな直線なのだけれど
考えている時には 様々な情報と 融合分裂を繰り返し
澱のように沈静化まで 思考は不規則な浮沈の中を漂っている


脳の中で生じる 思考の化学反応は
極稀に 新しい閃きを生み出してくれて
その閃きを 思考によって 培養し活性化させてみる


それだけなら 毎日 さぞ楽しいことだろう
しかし現実は その反対の現象ばかりが 活発になっていて
創造力は妄想力と化し 妄想は暴走して 暴走は自棄へと豹変していく


これが 社会の溶液の中で 自分の位置を嘆くと 不幸である
自棄は 他人との摩擦係数による 熱を求めると
無差別で無謀な病想へと 繋がってしまうものらしい


ナニも考えたくない時 考えてはいけないと思える時
ただ ひたすら 筋肉を苛める
筋肉は 過剰な期待を戒め 正直に痛みを訴えてくれる


無法地帯で ブレーキの存在しない 思考の世界と異なり
肉体は 常に限界を提示し それ以上の意志の有無を
確認するが如くに 苦しみと痛みで 挑発してくれる


新しい朝日の中で 青汁の緑は 新鮮な感動の飛沫だった
それは 青と黄の融合ではなくて
生まれた時から 完全な緑なんだと 誇っているようだった


そのシャツの下で 穏やかに痛む筋肉が
生の負荷からの逃避を 無言で叱責してくれて
鮮やかな緑と共に 生きている感謝を 喚起してくれた
  


|

« モソモソ古着の代償 | Main | ポルトガルの小舟 »

Comments

毎晩、夜中に、終らない用事の山に苛立ってしまいます。
そんなとき、このブログを読むとほっとしますヨ。
誰しもなかなか思ったとおりには生きられないもの、
仕事も用事もはかどらないし、
演奏会の依頼だって、明日の命もわからないのに
どうして約束が成り立つんだろって
時々考えこんじゃいます。
でも、いろいろあるのが人生だから、
だめならだめで、青汁のように飲み込まなくちゃ
身にならないってわけでしょ。
最近の青汁はおいしいと聞くけれど、
イマイチ私はだめなんだよねぇ。
青汁の場合は身にならなくてもイイや。
いい加減だねぇ、私も。


Posted by: るりえ | 08. 06. 18 at 오전 1:22

届きました?
クロネコメール便やめたんですけど、
まさか snail宅配便にのっちゃったのでは・・・

Posted by: ペッパー | 08. 06. 18 at 오전 8:45

Dear るりえ
日々 本当に お疲れ様です
素晴らしいコンサートは 裏側で
るりえのように ひっそりと尽力されている人々のオカゲだと
いつも 感謝しております
ただ いつも心配しておりますが
体だけは 大切になさって下さいね マジで!


Dear ペッパー
まだです・・・ 
黒ネコならぬ 黒ヤギ宅急便は 
あいつ 食っちゃったのかも・・・
催促してみます!

Posted by: 某閑人 | 08. 06. 20 at 오전 4:46

The comments to this entry are closed.

« モソモソ古着の代償 | Main | ポルトガルの小舟 »