« ポルトガルの小舟 | Main | 権兵衛-26 ナット »

08. 06. 19

紫に笑える日まで

Img_0087


重たい自由を ゆっくりと 引きずりながら
カタツムリは シャワーを浴びて ちょっと御機嫌
紫陽花の葉は その重さで ムッツリとカシいでるのに


せっかく笑った 花達だけれど
今宵の空は低すぎて 満月には 会えないみたい
枯れてゆくまでに 月は 何回 笑ってくれるだろう


空が泣くほど 笑う紫陽花
空が泣くほど 滑るマイマイ
空が泣くほど 歌うカワズ等


密かに溢れた 涙の分だけ
心の奥の 紫陽花は笑ってくれる
そして いつか 紫陽花は 陽の下で 紫に笑ってくれる


|

« ポルトガルの小舟 | Main | 権兵衛-26 ナット »

Comments

これ、リフレインもあるみたいだし
メロ、つけるんでしょう?

Posted by: 愛宕町私設ライブラリ | 08. 06. 20 at 오후 3:17

雨の合間の陽の光
紫陽花にはまぶし過ぎ
ちょっぴり気後れしてしまう

のんびり戯れるカタツムリも
支えきれない葉の弱さも
容赦ない強い雨も

すべて与えられたモノと
ゆったりと受け止められたら
微笑む事が出来るだろう
お陽さまの様に微笑むだろう

・・・そんな紫陽花になれる様に
いつかなれるように

Posted by: 枯紫陽花 | 08. 06. 24 at 오후 5:59

The comments to this entry are closed.

« ポルトガルの小舟 | Main | 権兵衛-26 ナット »