« ウイスキーとベートーベン ③ | Main | 不発弾のある街 »

08. 05. 17

愛するときに話すこと

いい意味でも 悪い意味でも
「8月のクリスマス」の 続編のような映画だった
なので やわらかい後味に包まれている


Img_9569


8クリが 水彩画だとすると 
これは 油彩のようである


生活の匂いや 人間の愛憎などの 陰影が
美しさよりも リアリティーを醸し出している


ハン・ソッキュは 自身の可能性を 
久しぶりに 発揮できた映画なのでは ないだろうか


しかし 彼は 相変わらず キスシーンだけは三流である
つまるところ そう思わせるほど 演技力が卓越しているということだろう


Img_9570


ヒロインの キム・ジスは
天海祐希 松本伊代 早見優を シャッフルしたような顔立ちで
なおかつ シム・ウナを 髣髴とさせる魅力がある


つまるところ それだけで 個人的には 大満足な顔である エヘヘ


20世紀の ハッピーエンドは
男女の恋愛の成就 の 代名詞だったかも知れないが
この映画の結末は 当世のハッピーエンドといえるだろう


もはや 恋は A面やB面でするものでは なくなったのである (分かんねーだろーな)


「僕の彼女を紹介します」を見るなら 
その前に 「猟奇的な彼女」を 見ることを オススメするように
この映画を見るなら その前に 「8月のクリスマス」を見るよう オススメする


間違っても 同タイトルの 
日本の ドラマや映画ではないので
くれぐれも 御注意願いたい

|

« ウイスキーとベートーベン ③ | Main | 不発弾のある街 »

Comments

ああ八月のメリークリスマスね。

Posted by: 研造 | 08. 05. 19 at 오전 12:42

Dear 研一
それは 戦場のメリークリスマスや!

Posted by: 某閑人 | 08. 05. 20 at 오전 11:14

The comments to this entry are closed.

« ウイスキーとベートーベン ③ | Main | 不発弾のある街 »