« 商魂が見せる夢 | Main | 赤の洗脳 »

08. 05. 06

愛おしい小さなダンサー

リハーサルが始まって 間もなく
演奏者が 参拝してきたという寺に
ケンタと ブラブラ 向かった


「きっと お寺の場所を教えてくれたのは リハを聞かれたくないからですよ」
『そうかなー オレは 聞いていたかったんだけどな』
「だから杣さんはダメなんですよ そういうの KYっていうんですよ! 知ってます?』


いや オレのイニシャルはMKだ と言おうと思ったが やめた


Img_9345


ケンタが スタスタと本堂へ向かう
杣は ふと 空中クンバカをしている 
小さなベリーダンサーに出会って 観察を始めた


ムニョムニョ ムニョムニョ


彼女は 絶え間なく 踊り続けている
上へも 下へも 行くことなく
同じ座標で 踊り続けている


あがいているのか 楽しんでいるのか それすら分からない
この状態が 彼女にとって 危機なのか 悦楽なのか
少なくとも 杣の目に留まったということは 鳥からも見えるハズである


ムニョムニョ ムニョムニョ


ダンスを促すような 音楽も聞こえない 
耳に届くのは 風が揺らす 葉葉の倍音アンサンブルと
本堂から漏れてくる 干からびたお経 そして インテンポな木魚くらいだ


もっとも その木魚が 何拍子なのか 分からないし
リタルダンドしたり アッチェレランドする木魚も 聞いたことはないのだが


「杣さん どうしたんです? ロダンのモデルにでもなったつもりですか?」
『いや キュートなダンサーに出会ったんだ チップでも はずむべきかな』
「そのダンサーの ポケットに入るチップでも持ってるんなら 喜ばれますよ きっと」


『それじゃ 本当に雀の涙程度のモノだな』
「このダンサーを生贄に捧げれば スズメは涙を出して 大喜びしますよ きっと」
『雀の涙程度の大喜びなら 猫のヒタイの方を 喜ばせた方がマシかな』


ムニョムニョ ムニョムニョ


『さっきから 同じ場所で踊ってくれてるんだけど どう思う?』
「試しに 下から ライターでアブってみたらどうです? 火事場の馬鹿力が出ますよ!」
『あいにく 彼女は 馬でも鹿でもないらしい ケンタとは違って』


ケンタは 飽きてしまったらしく スタスタと歩き始めた
どうやら 100年前に生まれたとしても 
ロダンのモデルには あまり 向いていない性格のようだ


彼女は やがて サナギになり 羽化して
プッチーニの作曲した オペラを舞うことだろう
もっとも 町長夫人に ならなければの話だが
あるいは 雀が涙を流すほど 喜ばなければの話だが


ムニョムニョ ムニョムニョ

|

« 商魂が見せる夢 | Main | 赤の洗脳 »

Comments

また! 一日早くUPされてしまった自然の・・・
よかったらこちらもご覧下さい。
「あおむし君つかまる」

Posted by: 440 | 08. 05. 07 at 오전 9:36

コメントすること、なーんもないけど、これでよか?downwardleft

http://www.doblog.com/weblog/myblog/64546

Posted by: 愛宕町私設ライブラリ | 08. 05. 07 at 오후 6:56

Dear 440
青虫の筋力って 凄いんだね
重心移動って どうやってんだろ
体の柔らかさも 凄いよね
小さなダンサーに 乾杯!


Dear 愛宕町私設ライブラリ
それでもいいけど 
コメントする時に URLの欄に
そのアドレス貼ってくれれば
ジャンプしやすいんだけどなー
代わりに やってやるー!

Posted by: 某閑人 | 08. 05. 07 at 오후 11:17

どや こうやるんじゃ!
今度 納豆 御馳走してくれぃ!

Posted by: 愛宕町私設ライブラリ  ブログ布教委員会 某閑人 | 08. 05. 07 at 오후 11:21

彼女、だったんだ(感動)。
でも、なんでわかるんですか???

Posted by: あら、まっちゃん | 08. 05. 09 at 오후 3:19

The comments to this entry are closed.

« 商魂が見せる夢 | Main | 赤の洗脳 »