« ウイスキーとベートーベン ① | Main | ミッションC すわっ 大激突! »

08. 05. 09

権兵衛-17 放射状響板

Img_9325


低音側の 最初の2枚は スプルース


Img_9326


3枚目から レッドシーダーを使用
この部分は まだ中音なので
あまり 高い音のしない 比較的 白いシーダーを選択


Img_9329


4枚目までが 放射状になる
続く 5枚目から 斜め張りの響板


叩いた時 より 高い音がするものを
高音部に使用する


木を 叩いて 音を聞く時
まず 木材の反応の速さを 確認する
次に その部材の 音の高さを 確認する


そんなコトしながら 響板のどこに使用するか想像するとき
けっこう楽しいのだが
実際に 板を整形して 接着する作業は 面倒くさい

|

« ウイスキーとベートーベン ① | Main | ミッションC すわっ 大激突! »

Comments

サッスガー!
いいですね~

Posted by: 440 | 08. 05. 09 at 오후 9:55

木材の反応の速さって・・・
ナニでどうやって計って単位はナニ??

Posted by: ペッパー | 08. 05. 10 at 오전 10:45

Dear 440
いいっしょ わっはっは!
口だけなら もっともらしく言えるし
イヒヒ


Dear ペッパー
うーん そういうモノは無いんすけど
ピアノ時代から 板 叩いてきたので 分かるんです
石橋は 叩かないんですが・・・

Posted by: 某閑人 | 08. 05. 20 at 오전 10:54

The comments to this entry are closed.

« ウイスキーとベートーベン ① | Main | ミッションC すわっ 大激突! »