« 小雨の渋滞 | Main | 権兵衛-16 アッパーブレス »

08. 04. 25

クーランプ

壮絶な仕事を終えて 猫橋へ向かう車の中
(この時点で 話が長くなりそうな予感がしている
 連載にするか あるいは 割愛をするか・・・ 先日 火曜日のレポートである)


「先輩 動物を数える単位の 匹 と 頭 の違いって分かります?」
実は 杣は クイズ好きで 機嫌が悪い時
後輩は クイズを出して 大先輩の御機嫌を伺う という技を会得している


『うーん そうだな・・・ 人間より大きいのが頭で 小さいのが匹』
「あ いい線いってますね」
後輩は 寛大な回答枠を用意することを忘れない


「人間が抱きかかえられるのが匹で そうでないのが頭だそうです」
『じゃ 牛は赤ちゃんの時は匹で 成長すると頭なのか?』
大先輩は いかなる時にも 後輩を苛めることを諦めない


そんな会話から 日本語の難しさに話題は転換していく
音読みと 訓読みは 韓国語では 固有語が別の字で存在するとか
大先輩は 先輩たる威厳を 鼻息荒く撒き散らす ブフォ ブフォ


で 話題は 杣の好きな 誤植に移っていった


『おざなり って言葉を始めて見た時 なおざり の誤植だと思ったよ』
そうなのだ 今でも このフタツの言葉を うまく使い分けられない
ぞっとする と ぞっとしない も うまく使い分けられない 今日この頃である


『そう言えば 昔 クーランプっていう作曲家の名前を プログラムで見た時
 プーランクの誤植だと思ったんだけれど どうやら 本当に存在していて 焦ったよ』
「え? クーランプって そんな作曲家 いるんですか?」
『オマエ 音大を出ていて そんなコトも知らんのか?』


そうなのだ 
この後輩は 今や調律屋であるが もともと音大出身の フルート奏者であり
NHKの趣味ゆーゆーとかいう番組にも 出演していたほどのキャリアがあるのだ


そういえば 後輩と同期の教え子の結婚式に
杣は 自作のチェンバロを持って 後輩と一緒に 自作の曲を共演したことがあった
確かに たいしたフルート奏者であった (今 ふと 思い出した)


「クーランプって いつの時代の作曲家なんですか?」
『うん それが 20世紀の作曲家なんだよ プーランクは バロックだろ?』
「先輩 それって クープランじゃないですか?」


『ん? 今 オレ なんて言ってた?』
「クーランプと プーランクです」
『んなワケ ねーだろ! クープランと プーランクの話をしてたんだぞ!』


というワケで 先輩の威厳は失墜した


杣は この手の勘違いが 甚だ多い
言葉が似ていると 混乱して記憶してしまう
以前 タブラチュアと タランチュラを 間違えたこともあった


後輩は 涙を流しながら 後部座席で 笑い転げて叫ぶ
「先輩 クーランプって誰ですか? クーランプって!」
『だから違うって! しつこいなー! プークランと プーランクだって!』


「プークランって誰ですか? ギャハハハハハ!」
こいつが 荒川で簀巻きにされて ドザエモンで発見されたら
まず 間違いなく 杣大先輩の犯行である


Img_9327


「先輩 クーランプって 工房に沢山あるやつじゃないですか? ギャハハハハ!」
そんなワケで 猫橋に到着する頃には
杣は クイズが出される前以上に 不機嫌になり ギャラをケチってやった 

|

« 小雨の渋滞 | Main | 権兵衛-16 アッパーブレス »

Comments

ラヴェル作曲 「クープランの墓」
どう?もっと混乱いや錯乱しそうだろ?
きっと今スランプなんだよね。

Posted by: 音助 | 08. 04. 25 at 오후 10:40

じゃあ、コレッリとトレッリとか、シューベルトとショーベルトとシューバルトとか、もっとややこしいでしょ。

Posted by: おおぐま | 08. 04. 26 at 오전 8:40

私は始めてプーランクの名前を見た時、クープランの誤植だと思いました。

Posted by: 下町のばおりん弾き | 08. 04. 27 at 오전 3:37

Dear 音助
そうです スーランプで・・・
ちなみに 韓国では フランスを
プランスと 発音します・・・


Dear おおぐま
第9 お疲れです! 今日も頑張ってね!
その昔 コレッリと コレルリって
別人だと思っとりました・・・


Dear 下町のばおりん弾き
プーランク=クープランの誤植
↑この話をしていたつもりなのですが
なんだか ゴチャゴチャで うまく書けませんでした トホホ

Posted by: 某閑人 | 08. 04. 27 at 오전 6:08

こーゆーのもあるが・・

プランク長(プランクちょう)は、長さのプランク単位である。この単位は自然単位による計測系を作ろうとしていたマックス・プランクによって作られた。プランク長はプランク質量に基づくものである。この単位が提唱されたときには量子力学や一般相対性理論は知られていなかったが、後に、プランク長の距離では重力が量子力学の影響を示すことが明らかとなった。

Posted by: 愛宕町私設ライブラリ | 08. 05. 01 at 오후 10:29

Dear 愛宕町私設ライブラリ
ブログ 見たよ!
ここに コメントつけるときに
リンクしといてよ!

マックス・プランクか・・・
後輩に自慢したろ!39!

Posted by: 某閑人 | 08. 05. 03 at 오전 9:27

The comments to this entry are closed.

« 小雨の渋滞 | Main | 権兵衛-16 アッパーブレス »