« ときめき | Main | ミッションR 極秘プロジェクト »

08. 03. 09

権兵衛-8 スパインとチーク

現代のグランドピアノでは グルリンコとしているボディは 親板という
薄い板を積層して 長い板を 一発で型にあてて接着するので
継ぎ目がない


ただ 例外もある
ベーゼンは 比較的チェンバロに近い4ピースの親板だし
ブリュートナーは グルリンコのボディを 数箇所ジョイントしてある


チェンバロでは ボディは 4枚(乃至3枚)のピースで出来ている


この親板の 低音部分の長い板を スパインという
「まっすぐ」とかいう意味らしい (酸味があるわけではない)
杣の工法では まず 底板にスパインを接着するとこから始まる


Img_8407


一方 高音側の 短いピースを チークという
チークダンスと同じ 「頬 ほほ」という意味らしい


杣の工法では このチークを接着する時に
ピン板&ネームボード そして ベリーレールを
同時に接着する


なもんで 平面だったモノが 初めて立体になる瞬間でもある


Img_8412


この接着の時は やたら慌しい
ボンドをつける部分が多いから 乾かないうちに
あちこちを しめつけていかなければならない


ピン板は スパインとチークに接着するだけだが
ベリーレールは 同時に底板にも接着する


なおかつ 底板とチークの垂直
両サイドと ピン板などの垂直
これらをチェックしながら ドヤドヤと一気にやる


接着が終了し 一服している時 ケンタが遊びに来た
「お!すすんでますね!」
安堵している時の 一番嬉しい来客である ・・・幸せだ!


Img_8488

|

« ときめき | Main | ミッションR 極秘プロジェクト »

Comments

それはスッパイやろ!
楽器になってくるんやな~

Posted by: 440 | 08. 03. 10 at 오전 7:58

To 440
さすが 
つっこみは 関西人に限ります!
ちょっと 疲れてきちまったよ・・・トホホ

Posted by: 某閑人 | 08. 03. 11 at 오전 9:03

The comments to this entry are closed.

« ときめき | Main | ミッションR 極秘プロジェクト »