« 微妙な律儀 | Main | 日本水道協会 »

08. 02. 26

権兵衛-3 脚の金具

脚は3本
最初から そう 初めて楽器を作ってから
そう決めていた


面は3点で成り立つ
現代のピアノも 3本の脚で 成り立っている


3点の支点は スピーカーにも 起用されている
振動の漏洩を 最小限に留めて
なおかつ 音の放射を 最大限に約束してくれる


と 信じている


がしかし 脚を底板の裏につけると
ちょっと カッチョ悪い
Fは 外付けにしたから こんな部材をつけちまった・・・

Img_2103


今 コンサートで使っている コリアン君もそうだが
脚を止める金具は 底板の内側に付けている
まずは 芯棒の穴を開ける

Img_8340


その穴に金具を通して 金具の線を描く

Img_8341


金具の分だけ 底板をえぐる

Img_8342


で 金具を底板に ネジどめする

Img_8343


その上に 鍵盤のオサのベッドを取り付ける

Img_8347


楽器と脚の位置の関係だけれど
昔 こんな実験をしたことがある


ハシゴ脚を 前後に 少しずつズラしてみた


すると 前の脚は ピン板の真下にある時が
一番 楽器の鳴りがよかった!
なもんで 3本脚でも 前脚は ピン板の真下にしてある


ただ あの実験は 1台のみだったし
前脚と後脚は 同時に動くから
後脚との関連が 正確には 把握できていない・・・ トホホ


でも ピアノでも キャスターの向きだけでも
楽器の可能性を左右するのは 現実だから
これからも いろいろ試していってみたい

|

« 微妙な律儀 | Main | 日本水道協会 »

Comments

あ~
確かに!
たくさん脚のチェンバロ見るとき、
どれが浮いてるかな~・・・と
いつも気になりますもん

Posted by: 440 | 08. 02. 26 at 오전 9:08

To 440
だいたい 反り返っていて
鍵盤の高音側が 浮いてます
重心が違うものだと テールが浮いてます
3本脚で 1本でも浮いてたら ホラーです

Posted by: 某閑人 | 08. 02. 28 at 오후 3:58

The comments to this entry are closed.

« 微妙な律儀 | Main | 日本水道協会 »