« カンナ ① | Main | カンナ ③ »

08. 01. 10

カンナ ②

6畳の居間と 4畳半の寝室
それが 杣のアジトだった
その居間を 工房にして 最初の楽器製作を 開始していた


いきなり チェンバロを作り始めたワケではなかった
最初は 1オクターブのモノコード そして 2オクターブのモノコード
そこで 鍵盤を作る経験をして そうだ チェンバロを作ろうと思った


楽器本体だけでなく 工具やら 作業台もあるので
6畳間で 180センチの楽器を作るのは かなり無謀だった
ストーブで 板を上手く曲げられた時 とても嬉しかった


Photo_2


やがて 大家さんの倉庫だった 1階の半分ほどのスペースも借りて
少しずつ 大きな楽器に 挑戦していった
そして 様々な工具と共に カンナの種類も 増えていった


メンテする楽器を 理解するためには まず その楽器を作ってみること
学生時代から 漠然と そんな信仰を抱いていて
ピアノ製作の修行に行き チェンバロにも挑戦し始めた


プロになるなら 誰かに師事して 教わった方が近道だと思う
でも メンテのために製作するなら 設計から 全て自分で考えてみたい
おかげで 数々の悲惨な楽器を 誕生させてしまった


工房にある数々のカンナは 楽しい後悔をくれた

|

« カンナ ① | Main | カンナ ③ »

Comments

う~n いいですね~

Posted by: 440 | 08. 01. 11 at 오전 9:25

To 440
文章だけだと 雰囲気だけですが
本当に悲惨な楽器ばかりなんです・・・

Posted by: 某閑人 | 08. 01. 11 at 오전 10:40

> 本当に悲惨な楽器ばかりなんです・・・

それはいカンナ

Posted by: 愛宕町私設ライブラリ | 08. 01. 11 at 오후 12:44

To 愛宕町私設ライブラリ

それはいカンナ ← なんかいかんな!(回文返し)

Posted by: 某閑人 | 08. 01. 23 at 오전 11:59

The comments to this entry are closed.

« カンナ ① | Main | カンナ ③ »