« サッカー | Main | 今日のオヤツ »

07. 07. 29

ミッションC 夏の宵

横浜 山手111番館
[ E139゜39.1707' N35゜26.1946' 1003hPa  ]


リコーダー : バーナビー ラルフ
チェンバロ : 大友彩子


Img_4707


人が憧れる「自由」とは 解放され 奔放な一面だけを指すことが 多い
しかし 自由の全体は 最も重い責任を担っていて
重圧への耐力と それ以上の飛躍力が無ければ しなやかに動けない


バーナビーの 演奏は そうした意味でも 自由だった
重心移動は さりげなく かつ 堅実に行われているのに
表現される音楽は しなやかで 喜怒哀楽に満ちている


小学生だった頃 「馬鹿が吹いても リコーダー」 などと囃したて
チャンバラごっこの必須アイテムだった あのリコーダーが
これほどの 表現力を持っているとは・・・ 


あの頃の自分に 聞かせてやりたかった

|

« サッカー | Main | 今日のオヤツ »

Comments

う~ん すばらしい!

Posted by: 440 | 07. 07. 31 at 오전 8:39

To 440
あーん スパらしい!

Posted by: 某閑人 | 07. 08. 01 at 오전 11:08

The comments to this entry are closed.

« サッカー | Main | 今日のオヤツ »