« 夏のアウフタクト | Main | カナヅチの動揺 »

07. 07. 22

ミッションC 響きの構造

川口リリア 音楽ホール
[ E139゜42.5967' N35゜48.0407' 999hPa ]


「マタイ受難曲」


指揮・チェンバロ  山田康弘
バッハ協会管弦楽団
バッハ協会合唱団&町田コダーイ合唱団


Img_4676


楽器搬入 そして調律
僅かな時間に 慌しく終わらせて リハーサルが始まる
バランスの良い位置の 客席に深く座って 音を待つ


オケが 響き 合唱が 響く


この 音の厚みは 一人の人間では 決して生み出せないと 聞いたことがある
一人の人間が 多重録音をしても この深遠な響きは 生まれない
個々の相違が 同じ方向を目指して 初めて生まれる 響き


リハーサルの 空っぽのホールには
贅沢な響きが 本番さながらの密度で 充満している


 

|

« 夏のアウフタクト | Main | カナヅチの動揺 »

Comments

The comments to this entry are closed.