« ちょっと微熱な 38° | Main | 工場見学 »

07. 05. 30

ソウル潜入

朝 テグのホテルを出発し
車を EXCOの地下駐車場へ移動


日中の車内の温度は 40度近くになるので
楽器が 崩壊する恐れがあり
とにかく 太陽の当らない場所へ 駐車しておかねばならない


Img_2237


タクシーで 東大邸(トンテグ)へ
ここから 韓国の新幹線 KTXに乗る!
何故か 飛行機と違って 新幹線の類は 何度乗っても 嬉しい! ニャハハ


Img_2242


そんでもって ウツラウツラしているうちに
今夜の潜入先 ソウルへ到着
しかし 本当に早い! 韓国は 狭くなったもんだ!


Img_2243


ま そんなこんなで 楽してソウル入り
まずはホテルに チェックインして 荷物を降ろす
工作員のカバンには IT機器がたくさん! (ほとんど酒です)


そして 今回の唯一のフリータイムを 活かして
南大門市場で ユニフォームを注文する!


今回は アルゼンチンと イタリアのアウェイに 
가야노 25 と入れてもらい
取りに来る時間が無いので 日本まで 送ってもらうことにした!


フットサルの連中よ!
帰国したら 今度は サブチャン・ロナウドでなく
サブ・メッシで ハットトリックを決めるので 覚悟しとけよ!


Img_2262


さて ここからが IAPBT つまり 世界調律師協会のイベント
まずは 海外からの調律師が集合し 一緒にディナー
杣は 他人と一緒にメシを食うのが 大嫌いだが・・・ 


ま 英語が喋れないので 
頭上を飛び交う イングリッシュを 無視して
ひたすら 高級牛肉を パクパク パクパク 死ぬほど食った


********************


さて 本日の最後に ちょっとだけ 本音を漏らそう


今回の大会参加に際して 杣は個人参加の形で
日本ピアノ調律師協会とは 別の窓口で 手続きをすすめていた


それは 日ピの組んだツアーでは
翌日の 韓国のピアノ工場見学が 含まれていないからだ


でもって その窓口になった 韓国のPという人物との
メールでのやり取りが ありえないくらい チグハグで
杣は 今日 会ったら どなりちらそうと思っていた!


だが 懐かしい 韓国の調律師達との再開に
盛り上がっているうちに フと Pのことを 忘れていた


そこに Pが 登場しやがった!
「私がPです 杣ソンセンニム マッスムニカ?」


杣 ハッと 我に帰り 憤りモード全開で
「竹島は オレのものだ!」 くらいの勢いで 
知りうる限りの 韓国語の悪口を 浴びせようとしていたのだが・・・


Img_2274


えーと ですね
Pって 女性だったんですねー
アハハ


それも 美人


アハハ


明日 こっそりと 電話番号を教えてくれたら
もう ヒデキ 感激! ってなモンですわ デヘヘ


ま 明日は いよいよ
エセックスのピアノと 初対面できるわけで
今夜も 千年約束と 睡眠薬で 興奮を抑えなきゃ・・・


|

« ちょっと微熱な 38° | Main | 工場見学 »

Comments

The comments to this entry are closed.