« ミッションC 曼荼羅ライヴ | Main | ミッションR 録音開始 »

07. 05. 19

ミッションC アンドロメダ・リベラータ

神田キリスト教会
[ E139.46.13.00 N35.42.06.68 ]


ギリシャ神話 アンドロメダとペルセウスの物語の
後日談として ヴィヴァルディやら 当時の有名な作曲家達の合作が
2002年に発見されたそうな


今回 アンドロメダに扮したのは ソプラノの倉沢ちあき
そして カウンターテナーの 青木洋也が ペルセウスを演じる
原雅巳指導による バロックジェスチャーが 舞台を より魅力的にしてくれた


Img_1741


この日 鴨川華子が弾いていた チェンバロは
ケンタこと 深町研太が 2002年に製作したもの
彼の楽器は イタリアンタイプでも とても上品で 甘美な音がする


普段 ケンタの楽器を使用するコンサートは
基本的に ケンタ自身が 調律もしてしまうので
なかなか こうした会場で 彼の楽器を聞く機会に恵まれない


製作して 時間が経って 弾きこまれて
楽器は 成長し 変貌を遂げていく
彼の作品の そうした経過を聞けたのも また をかし


Img_1718

|

« ミッションC 曼荼羅ライヴ | Main | ミッションR 録音開始 »

Comments

The comments to this entry are closed.