« ソウル潜入 | Main | 歓迎晩餐 (ウェルカム・レセプション) »

07. 05. 31

工場見学

朝 8:30に ホテルのロビーに集合し
ソウルから 約1時間ほどかけて
バスで 仁川(インチョン)へ移動し 念願の ピアノ工場見学!


Img_2309


韓国には ふたつのピアノメーカーが ありますが
最初に訪れたのは 現代(ヒュンダイ)の サミックピアノ
日本にも輸入されているので 中には 持っている人もいるかな?


Img_2312


日本も 近代的な技術力で ピアノを造っておりますが
ここ 韓国の機械能力も 素晴らしくて ビビンバ!ですわ
工員も 黙々と作業をしていて 昔を思い出しました!


*************************


続いて訪れたのは ヨンチャン・ピアノ
まずは ゲストルームで スライドを見ながら
ヨンチャンの歴史と システムを解説


Img_2372


実は この工場見学のツアーには 欧米・オーストラリア・台湾の人達ばかりで
日本人は 杣と うららの 二人だけ・・・ なもんで 英語か中国語で 
意味は パッパラピーマン・・・ 怪しい韓国語で 様々な質問をぶつけてきました!


Img_2421


そして 杣にとって 幻の スタインウェイ設計 ヨンチャン製作の 
エセックスピアノに 感動の 初対面! だったのですが・・・
弾ける状態のピアノは無く 今回も 音は聞けませんでした・・・ トホホ


**************************


工場見学の後は 仁川の中華料理屋で 昼飯
どう見ても 韓国テイストの 辛ーい中華料理に
オーストラリア人の夫婦達は ほとんど 食べるものが ありませんでした


Img_2434


昼食後は バスに乗って 
300キロほど南にある 大邸(テグ)へ 
4時間ほどかけて 移動・・・ くたびれたー


|

« ソウル潜入 | Main | 歓迎晩餐 (ウェルカム・レセプション) »

Comments

サミックって、やっぱり韓国のメーカーだったのですね。
韓国のドラマに登場するのは、ここのピアノが多いみたいだなあと思ってたんです~。

Posted by: ichigokko | 07. 06. 03 at 오전 4:37

To ichigokko
そうそう 映画でも サミックのピアノは
よく出てました
「三益 = 삼익 = サミック」 です!

Posted by: 某閑人 | 07. 06. 04 at 오후 5:52

The comments to this entry are closed.

« ソウル潜入 | Main | 歓迎晩餐 (ウェルカム・レセプション) »