« 沖縄の雪崩 | Main | 今 ここにある危機 »

07. 05. 09

FF35 ナチュラルキー

鍵盤は 白鍵 と 黒鍵 とに分かれていますが
この名称は 全ての鍵盤楽器には 適用できないコトがあるために
ここでは 業界用語で 紹介していきたいと思います


ナチュラルキー (=いわゆる白鍵)
ドレミファソラシドの音が出る鍵盤ですね

シャープキー (=いわゆる黒鍵)
♯や♭のつく音が出る鍵盤ですね


チェンバロの歴史では 最初のイタリアン そしてフレミッシュの時代には
鍵盤配置は 現代と同じく
ナチュラルキー=白鍵   シャープキー=黒鍵 でした


そして フランスの時代から 白黒が逆転して
ナチュラルキー=黒鍵   シャープキー=白鍵 に変わります
チェンバロの鍵盤のイメージは このフランスの時代からです


白鍵には ツゲ 牛骨 象牙 などが使われていて
黒鍵には 黒檀 などが使われています
どの素材も 磨耗に強い 硬い部材です


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


今回 杣は ナチュラルキーを ウォールナット(茶色)
そして シャープキーを メープル(白)
という材木を使用します


理由は簡単です
木場まで 買い物に行く時間がないので
アジトに転がっている ありあわせの材料です・・・


Img_1311


まずは 割いた鍵盤を オサに入れていきます
まだ 切り出したままなので
鍵盤間の隙間は 糸鋸の刃幅の 1ミリくらいしかなく窮屈です


Img_1312


ナチュラルキーは 3ミリ以下の 薄い部材なので
接着剤をつけると 水分で変形するため
タイラな場所に しっかりと押し付けて接着します


Img_1315


全て接着が終わると こんな感じです


Img_1317


そして シャープキーの隙間を 切り落としていきます
鍵盤上の このラインは 装飾的な意味もありますが
これがあると 切り出しや メン取りが とてもやりやすくなります


Img_1319


本日の更新が 遅れたのは
あろーことか このクソ忙しい時に
杣は フットサルなんぞに 励んでおったのです・・・


結果は 1勝もできず 
おまけに 右足首の捻挫が 再発・・・
明日の 階段3階 上げ下ろし・・・ シップを3重に貼ってます

|

« 沖縄の雪崩 | Main | 今 ここにある危機 »

Comments

あ~ かっこいいな~

Posted by: 440 | 07. 05. 10 at 오후 9:40

To 440

(E)

Posted by: 某閑人 | 07. 05. 12 at 오전 5:02

The comments to this entry are closed.

« 沖縄の雪崩 | Main | 今 ここにある危機 »