« FF26 バフストップレール | Main | グッスリ+スイミン≠グッスミン »

07. 04. 24

FF27 張弦開始!

いよいよ 弦を 張り始めます!


チェンバロの弦の張り方は 大きく分けて ふたつあります
①中高音=鉄  低音=真鍮
②全ての音域=真鍮


チェンバロは イタリアで発明されて 各地に広がっていきますが
イタリアンは ②の オール・ブラスです
ヴァージナルや スピネットといった 小型の楽器にも オール・ブラスがあります


その後 北方ルネッサンスよろしく フランダースで作られるチェンバロは
①の 鉄と真鍮が使用され フランスも 基本的に これに習います


チェンバロ製作では 後進国であった ドイツは
①も ②も どちらも見受けられます


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


でもって 現代の楽器製作では
この 真鍮や 鉄といっても
いくつかの種類が 選択できます


「鉄」
アイアン=軟鉄  音の密度は充実しているが 切れやすい
スチール=鋼鉄  現代のピアノと同じ素材 切れにくいが 音がヤヤ薄っぺらい


「真鍮 (銅+亜鉛)」
イエローブラス= 一般的に使われている真鍮 
レッドブラス= 銅の比重が多く 比重は重いが やわらかいので切れやすい
ブロンズ= 正確には真鍮でもブロンズでもない 切れにくいが 音がノイヂーになる


現代の製作家を 観察してみますと
音色だけを重視するか 安全などにも配慮するかによって
これらの 素材の選択を いろいろ工夫しています


もっと 詳細に正確に いろいろとあるのですが
まあ 大雑把に把握してもらうには これでよか


ちなみに 低音に 何故 真鍮弦を使用するのか・・・
これは 低音の弦長が 鉄では短すぎて
十分な張力による 音色が得られないからなんですね


ちなみに 現代のピアノの低音は
同じ理由で 鋼鉄に 銅を巻きつけた 「巻線」を使用してますです


・・・・・・・・・・・・・・・・


今回の楽器では
以下のような弦を使用してみます


中高音=スチール
低音=イエローブラス 
最低音域=レッドブラス


1223_117


どーでもいいけど 4月にしちゃ 寒くねーか?


************************************

今日のオマケ

今宵も こんなんで 元気もらってます・・・

催眠術は 信頼関係が前提だからねー

************************************


|

« FF26 バフストップレール | Main | グッスリ+スイミン≠グッスミン »

Comments

やっぱ弦張ってあると、カッコイイ!
おまけ・・・ 何が始まるのかと思ったら
大笑い!

Posted by: 440 | 07. 04. 25 at 오전 7:02

To 440

弦を張り出すと ワクワクしますね!
がんばりまっせ!

Posted by: 某閑人 | 07. 04. 29 at 오전 8:46

The comments to this entry are closed.

« FF26 バフストップレール | Main | グッスリ+スイミン≠グッスミン »