« オトナの海 | Main | 石の上にも三千年 »

07. 03. 03

謙虚な先輩 アホな後輩

杣は 楽器を製作している時
楽器の内部や 鍵盤など
あとから見えなくなるとこに 落書きをする


出来上がった頃には そんなイタズラなぞ すっかり忘却しており
人前で 調整をしている時などに
突如として その落書きが あらわれて ビビる!


ある時など ステージで 鍵盤を外したところ
「あー サンマが食いてー!」 と 筆ペンで書いてあり
慌てて その字を隠しながら 作業をしたこともある


Img_0515


この楽器は 自分の名前を 底板に書いた
ナント 控えめで つつましい 製作姿勢であろうか!
そう 杣は 謙虚で シャイなのである!


Img_0516


が しかし ナニやら ツツマしくないモノまで
描かれているではないか!
なんじゃ こりゃ!


ちなみに 杣の 謙虚なサインは これ↓
どうだ!これなら 五度圏図を 書き損じることもない!(EsもDisもあるからね!)
そして 日本人には 解読不能! あっはっは ツーカイ ツーカイ!

Img_0513


さて 問題の落書きは これ↓である・・・

Img_0514


ふつー 書くか? こんな絵! 楽器に!
頭が微妙に 五度圏図になりかけて見えるのは オレだけか?
わかった! 五度圏図書こうと思って失敗したんだな きっと! 嗚呼マヌケ


犯人は もちろん アホ後輩 うららである!
楽器製作を 手伝ってくれて ギャラを支払えないので
まあ サインぐらい させてやっても いいぜよ! と言ったのだが・・・


ふつー 名前だろ! サインと言えば!


この落書きが 効力を発揮するのは
小学校での コンサートくらいなものである


終演後 楽器を片付けるために 底板が ドバっと見えた瞬間
それまで 退屈そうだった 小学生が
この絵を見て 「ワー! キャー!」と 感激するのである!


その反応を見て 悦に入る うららであるが
この絵が 小学生レベルだということに 気づくことなど
まあ 永遠に無いんだろーなー ふふ

|

« オトナの海 | Main | 石の上にも三千年 »

Comments

日本人にも、解読可能な人、いますですよ。
今日、演奏会後のサイン会で、韓国語でサインして、と小学生に頼まれたので、ハングルでサインしてきました。
それにしても、うららさんのサインかわいい。

Posted by: おおぐま | 07. 03. 04 at 오전 1:17

To おおぐま
おー トリトンのコンサートでしたよね?
ハングルでサイン? かっちょえー!
どさくさに まぎれて ペーゴッパ とか書くと
ウケそうだよね
お疲れサマンサでした!

Posted by: 某閑人 | 07. 03. 04 at 오전 7:31

トリトンのコンサートって
『アントン・ヴァルターのフォルテピアノとともに
 ベートーヴェンのアンサンブル』
ってやつですか?
オイラ行きました!
初めて入ったけど、なかなかいいホールでしたな。

ピアノより耳に優しい、フォルテピアノの
ポクポクした音・・・いいですなぁ。
小倉さんも可愛らしいし。

そんな中、搬入口だとか避難導線だとか喫煙所だとかトイレだとか
空調だとか案内の仕方だとかカフェカウンターだとか列整理だとか
エスカレーターの切り替えだとか
そんな小屋側の事が気になる自分って・・・

・・・小屋の仕事が好きなんだろう。

Posted by: K | 07. 03. 04 at 오전 9:32

うららさんの絵かわいいですね♪^^
文字読めましたーやった~(笑)

Posted by: Chihaya | 07. 03. 04 at 오후 8:17

To K
あのホール 初めてだったのか?
へぇー 意外じゃ!
杣も 法事で お経の合間に鳴らされる
「チーン」ってやつ
第6倍音まで 必死で聞き分けてたコトある
職業って 怖い・・・


To Chihaya
ぱっと見ると 믁と読んでしまいそうだけれど
本人は 목と書いたつもり・・・
韓国語 간바레!

Posted by: 某閑人 | 07. 03. 05 at 오전 6:56

ここ数日、パソコンを見なかったら、いつの間にこんな記事…
先輩も、小学生と仲良くして下さい、ふふっ…
それから、ハングルでサインする練習はしないほうがいいよ。

Posted by: うらら | 07. 03. 06 at 오후 12:01

To うらら
そっか うららのブログは 携帯からやってるのか?
てっきり パソコンからだと思ってた・・・
そういえば 普段 文章 短いもんな
小学生の 夏休みの 絵日記よりも 短い・・・

Posted by: 某閑人 | 07. 03. 07 at 오전 5:59

The comments to this entry are closed.

« オトナの海 | Main | 石の上にも三千年 »