« 妨害電波 ON | Main | ミッションC  春のモーツァルト »

07. 03. 10

ペンギンの足跡

キッカケは いつも ササヤカのものである
キッカケなんて たいがい 何気ないものだったりする
だが 人は 後から振り返り 意味を拵える


場所は アジトの ハバカリ


その日も 御機嫌で 固形の排泄が済み
手を伸ばすと・・・ 硬い感触・・・
ああ 前回に 使っちまったんだと 回想する


まあ こんなコトは よくある
ズボンを下げたまま ストックのある場所に
トイレットペーパーを 取りに行く


しかし ペンギンというものは
歩くのが さぞかし もどかしいのだろう などと
テメーのブザマな姿を忘れて ペンギンに同情する


で トイレットペーパーの芯を 捨てるのを 忘れた
・・・ それが キッカケである


その次の時にも ペンギン歩きをしながら
同じように 芯を 捨てるのを 怠った
3本目の時に 初めて 芯は 立体の様相を呈し始めた・・・


Img_0603


本部から 「来客あり」の報を受け取り
慌てて 掃除に励もうと思った時には
22回のペンギン歩きの遺産が 積みあがっていた!


そういえば 幼少の頃から
どーでも良いものを コレクションする癖があった
全日付の入った 牛乳キャップやら 駅のキップやら・・・


しかし この年になって 芯をコレクションするとは
お釈迦様でも 分からなかっただろう!
最も お釈迦様は トイレットペーパーなど 使ったコトないだろうが・・・


Img_0607


高い 高い 中年のコレクションは
ハバカリから 居間へと 移築され 写真に納めた
よく撮れた写真を見つめて ふと 虚しくなった


いったい テメーは どれだけの時間
トイレの掃除を 怠っていたのだろう・・・


冷麺


じゃなかった アーメン

|

« 妨害電波 ON | Main | ミッションC  春のモーツァルト »

Comments

The comments to this entry are closed.