« 映画 「二人のJK」 | Main | 垂涎の等差数列 »

06. 10. 09

FF21 調律ピンの位置出し

ナットピンの位置を決めたら 穴をあける

杣は メープルという硬い木材に
細い穴を開ける時は キリに イボタロウをつけ
焦付きを防止する


P1010022_3


ナットの穴を開けたら その位置から
サイドベアリングの角度を 9度に設定し
調律ピンの 位置を出す


この時 チェックされた位置は 
調律ピンの 外周なので 
穴の中心の位置は 半径値を引いて 印をする


P1010030_1


そして ナットピンを 植える


P1010033_1

|

« 映画 「二人のJK」 | Main | 垂涎の等差数列 »

Comments

「イボタロウ」って、なんですか?写真のちっちゃい錐の上に付けている道具のことですか?
ここまでで、ナットピンを全部で何本植えたのでしょうか?
思い出したのです。ナットピンの数だけ「メンドクサイナ~」
が聞こえるようです。
でも、ひとつ、ひとつが整然としてきれい!です。
この作業をないがしろにしては、いけないのですよね。

Posted by: chikako | 06. 10. 09 at 오후 10:18

To chikako
イボタロウは イボタ虫の排泄(?)したものから作った
蝋(ロウ)のことです
写真では ドリルの左にある 穴だらけの
石鹸のような形のものです
ま 潤滑剤みたいなもんです
ナットピンは 駒ピンと 同じ数だけあります
5オクターブ × 2列なので
122本くらいあるはずです・・・

Posted by: 某閑人 | 06. 10. 10 at 오전 2:58

わかりましたぁ~。すっきり!横においてあったスポンジみたいな消しゴムみたいなのも気になっていたのです。なんて言ったって、ネーミングがおもしろいので、なんだろうと思ったのです。いろんな道具が出てきますね。まだまだありそうで、楽しみです。

Posted by: chikako | 06. 10. 10 at 오후 11:02

To chikako
ネーミングは 確かに 面白いですよね
自分も 初めて オーハシピアノというトコで
イボタロウ という名前を聞いた時
イボ太郎 と勘違いして 年寄り連中に
笑われたものです・・・

Posted by: 某閑人 | 06. 10. 11 at 오전 6:53

The comments to this entry are closed.

« 映画 「二人のJK」 | Main | 垂涎の等差数列 »