« ① 2度目の韓国 | Main | ミッションC:笛はらくちん »

06. 08. 08

② 釜山の青年

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2002年 5月19日 ソウル→プサン
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

朝一番で 地下鉄に乗り キンポ空港へ向かう
日曜のせいか ひっそりとした車内
それでも 1年ぶりの韓国に 心は ドキドキ ワクワク!


Photo_28


プサン(釜山)は 韓国第ニの都市
かつて 豊臣秀吉が 朝鮮に出兵した時も
この港町から上陸した


港の市場や 商店街を冷やかし
その日の宿を 決める
(またまた ラブホ的な 怪しくて 安い宿・・・)


荷物は リュックひとつの軽装だが
そのリュックを 宿に置くと もっと身軽になる
そして 夕暮れのプサンの町へ 繰り出す


見つけた!


ピアノの絵が描いてある 看板!
きっと 楽器屋だ!
早速 細い階段を登り 2階にある事務所を訪ねてみるのだが・・・


あれれ? 楽器屋じゃないぞ?


で 店員らしき青年が 「オソオセヨ(いらっしゃい)」
『あのー ここは ピアノ屋では 無いんですか?』
怪しい韓国語の 日本人に 青年は苦笑・・・


店内を見せてもらうと カラオケボックスのような部屋に
ピアノが1台づつ置いてあり どうやら 貸しスタジオのようだ・・・
客は誰もいなかったので 部屋のピアノを弾かせてもらった (全部 韓国製)


で 青年が 困惑した杣を見て 近所のピアノ屋まで 案内してくれることになった!
鍵をしめて テクテク 青年の後について行く
が 歩けど 歩けど なかなか到着しないんだ これが!


途中のお寺で 盛大にお祭りをやっていた
青年は 「今日は 仏陀の誕生日なんです!」と 教えてくれた・・・
そうか 旧暦の4月8日だったんだ・・・


で プサンタワーも越えて 15分くらい歩いて
ようやく ヨンチャン楽器店に到着!


・・・が 既に 閉店していた!


青年は 何度も謝ってくれたが
こちらの方が 仕事中に抜け出してくれて 感謝感謝!
(日韓ペコペコ合戦!)
そこで 彼とは解散したが・・・ 留守番いなくて 大丈夫だったのだろうか・・・


そんな親切な出会いに あたたかい気持ちで 二日目が終わっていった
プサンは港町なので 魚がウマイ!
あー 韓国人は親切だー!

|

« ① 2度目の韓国 | Main | ミッションC:笛はらくちん »