« ミッションC:泣かせてください | Main | オペラへの日々 Ⅱ »

06. 07. 02

オペラへの日々 Ⅰ

いよいよ オペラへの
カウントダウンが 始まった!


「古楽の旅」 と題されたシリーズ
実に 4年間に渡っての旅になった

その フィナーレが 今回のオペラ


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

2003年

シリーズの最初は チェンバロに 親しむことから 始まった
毎週 市民参加型の レクチャー と レッスンが 催され
募集人数を上回る 参加希望の応募があったそうだ!


2004年

この年は チェンバロと関わりのある 様々な楽器が登場した

擦弦楽器は ヴィオラ・ダ・ガンバ と ヴァイオリン
管楽器は フルート と オーボエ そして リコーダー
更に リュートや ギターも 紹介された


そして これらの楽器を使用して コンサート

P3140003


4台のチェンバロ協奏曲
杣も 初めての経験だった
4台の調律が ピッタリ合ってなくて・・・ 苦い思い出である トホホ

P3140021


さて 今宵も オペラの練習は 続いている・・・

|

« ミッションC:泣かせてください | Main | オペラへの日々 Ⅱ »

Comments

4台並ぶとすごいですねヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!!

すごくキレイ(^^)♪

Posted by: Chihaya | 06. 07. 02 at 오후 9:16

To Chihaya
アルゼンチンが負けたので
優勝は すでに ポルトガルに決定してしまった!
あっはっは!
フランス? ッヘ
ドイツ? ッぷ
イタリア? ・・・まぁねぇ
やっぱ ポルトガルだね!
負けたら ソウルで ボンテギ 食ってやる!
優勝したら アンコ 食べるように!

Posted by: 某閑人 | 06. 07. 03 at 오전 12:55

The comments to this entry are closed.

« ミッションC:泣かせてください | Main | オペラへの日々 Ⅱ »