« ささやかな矛盾 | Main | 途中下車 ② »

06. 06. 17

途中下車 ①

Photo_1


街を散策し 昼食を終え
後は 空港まで 行くだけ
時間は まだ たっぷりとある


乗り換える度に 30分以上 駅の待合室で待機する
地元の人の 聞きなれない方言に 耳をかたむけ
遠い昔に 忘れてきてしまったような 素朴な笑顔を 観察する


そうだ 途中下車してみよう


いきなり思いついた
そこが どんな街で どんな駅かも 知らない
名前だけで選んで 電車を降りてみよう


そんな思いつきだけでも ワクワクし
路線図を見上げる


なんとなく 「岩倉駅」 という名前が気に入った


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


2両編成の電車は バスのようなシステム
駅に着く度に 運転手が 車内で清算してくれる


降り立った 岩倉駅は 無人駅


電車が行ってしまうと 自分以外 誰もいない
民家はあるのだが 人の気配は 全くない


本当の孤独は 淋しさの要因には ならない気がする
淋しさなんて 他人と自分との隙間の 温度差のようなもの
だから 一人の時間は 虚しさより 満ち足りた気分になれる 

|

« ささやかな矛盾 | Main | 途中下車 ② »

Comments

The comments to this entry are closed.