« ③ 温泉マーク | Main | ⑤ ユリサンジャ »

06. 05. 10

④ パトカー!!!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2001年 5月 15日 春川⇒ソウル
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


杣は 海外で 楽器屋に立ち寄る習慣がある
その国の ピアノを弾いて カタログをもらう為だ
春川の朝も 例のごとく 2件の楽器屋を見つけた ラッキー!


ソウルまでは 鉄道で行こうと考えていた
外国で 様々な交通手段を試みるのも
旅の楽しみの ひとつである


で 春川市内の地図を広げたが・・・
駅と市内の間には 巨大な軍の施設があるではないか!
これは 突っ切ることが出来ないのか? ウーム・・・


Photo_8


そうこうしていると 目の前に交番があった
すかさず入り 「駅まで行きたいのだが
軍の施設を 迂回しないで行く方法が無いか」 尋ねた


返事は 「ノー」だった
・・・仕方ない 歩くことは得意なのさ・・・
交番を出て ショボショボと 歩き始めた


すると 後ろから 警察官が追いかけて来るではないか!
たっ 逮捕されるのか? スパイだとバレたかと間違われたか?
森の熊さんか?


そして 交番の前に駐車してあったパトカーの ドアを開け
「乗れ!」という!
れっ 連行か? どうする! 逃げるか?


まあ 逃げ切れるモノではないから・・・
観念して乗ってやったよ
言われるままに 後部座席に乗りましたよ・・・ハイ


すると どうしたことだろう!
パトカーは 軍の施設をグルーンと 廻って
杣を 駅まで送り届けてくれたのである!


ハッキリ言おう ・・・嬉しかった!


送ってもらったコトは 勿論だが
パトカーに乗れたコトが
暖かい優しさが 嬉しかった!


Photo_9


いやはや 春川のおまわりさん
あの時は 本当に カムサハムニダ!
このブログが 当局に見つかって
叱られたりしないことを 祈ってやみません!


|

« ③ 温泉マーク | Main | ⑤ ユリサンジャ »