« ⑦ 太極旗の陰陽 | Main | 魅力の停滞 »

06. 05. 14

終: 全ての始まり

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2001年 5月 17日 ソウル⇒成田
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


杣は 前日の夕食で シシトウと思って食べた 青唐辛子に
肛門黄門が 華氏911度くらい 熱痛かった・・・ 


結局 韓国まで来たのに 焼肉を 食べることができなかった
それは ただ 金が無かったせいである
庶民がカジュアルに食べている 食文化を 体験したかったからだ


飛行機で 隣に座った人と 会話をした
日本に出張に行く 韓国人の男性だった
兵役のこと 政治のこと 家族のこと・・・


彼は 名前を ハングルで「イ」と書くのだが
英語では 「Lee」と書いていて ・・・不思議だった
が そうした理由が分かるようになるのは ・・・数年後


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


この 初めての旅では ここに書ききれないくらい 沢山の経験をした
それは 初めて韓国映画を見て 感じた「何か」よりも
更に 韓国へのベクトルを 大きくしてしまった


その帰りの飛行機で 杣は 心の中で誓っていた
「いつか 韓国で調律をしてやる!」


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 
杣の好物は 野菜 唐辛子 ニンニク
杣の性格は 両極端 熱しやすく冷めやすい
杣の苗字は かつて朝鮮にあった地名と同じ


これでは DNAが反応する訳だ


あれから5年経つ 
その間に 旅行で4回 仕事で10回も 訪韓することができた
そして来年 ・・・ある計画の準備を始めている!


|

« ⑦ 太極旗の陰陽 | Main | 魅力の停滞 »