« 終: 全ての始まり | Main | エネルギーの推移 »

06. 05. 15

魅力の停滞

Ma0_0086


昔の車のデザインは
なんとなく 魅力がある


いろいろなモノは
進歩しているのだろうけれど


機能と 魅力は
比例できないものなのかな・・・

|

« 終: 全ての始まり | Main | エネルギーの推移 »

Comments

真に適切な機能に、魅力は宿るのじゃよ

Posted by: 愛宕町私設ライブラリ | 06. 05. 17 at 오전 9:18

三輪だぁ♪
でも、あたしは乗れないです。
車酔いすごい人ですから・・・(T△T)

Posted by: Chihaya | 06. 05. 17 at 오전 9:47

数年前まで無傷で走っていた、実家の「初代カローラ」。父が大事に乗っていたのでまだまだ走れる状態でしたが、クーラーもシートベルトも、FMもCDもMDも、もちろんナビもないので、トヨタの博物館に寄付しました。前部座席横についていた三角窓が愛らしくて好きでした。乗っていると何人もの人に声をかけられ、それはそれで楽しかったのですが・・・古いものっていいです、やっぱり。・・・このところ拓郎とかばっかり聴いているsaskiaです(笑)。

Posted by: saskia1217 | 06. 05. 17 at 오후 10:30

To 愛宕町私設ライブラリ
ヴァイオリンとか見ていると
まさに 同感です
機能美というもの・・・
でも 昨今は 機能というか
効率による弊害が 増えているのかな・・・
残念であります


To Chihaya
そうか アンコと 乗り物に弱いのですね!
地震の記事で チハヤのブログに出会ったのですが
地震にビンカンなのは 地震にも酔うからなのかな?
ナマズを沢山食べると 良いらしいよ ・・・へへへ


To saskia1217
博物館に行くほど
愛されて 大事に乗ってもらえた カローラ君は
幸せでしたね!
楽器もそうだけれど
オーナーに 愛されるというのは
最高の存在価値ですよね!
作った人も 幸せになれると思うなー

しかし ・・・拓郎ですか
「イメージの歌」とか かなり好きです!

Posted by: 某閑人 | 06. 05. 19 at 오후 12:45

ふふふ、拓郎で今一番気に入ってるのは「たどり着いたらいつも雨降り」。
どっちかっていうとモップスのカバーのほうが好きですが。
「イメージの歌」もいいし、やっぱり「襟裳岬」とかもいいよな〜〜。
今毎日聴いているのは、拓郎、ブルーハーツ、ハイロウズ、クイーン、クーラ・シェイカー、ジェイムス・ブラント・・・
バッハとかもそろそろ聴いてみるかなあ・・

Posted by: saskia1217 | 06. 05. 20 at 오전 2:09

To saskia1217
おお 拓郎・ブルーハーツ・クイーンまでは守備範囲でしたが、、、
工房で作業をする時に かけるCDが いくつかあって
その中に 拓郎や浜田省吾があります
浜田省吾は ソロでデビューする前に
拓郎のバックバンドで ドラム叩いていたんですぜ!
で 愛奴というバンドでデビューするのですが
売れなくて ソロになって・・・
広島に仕事で行くたびに 拓郎や 省吾の故郷に
立ち寄りたくなります・・・
しかし バッハに比べると
拓郎も すっごく 近いアーティストですよね!

うーん 渋い!

Posted by: 某閑人 | 06. 05. 20 at 오전 2:41

The comments to this entry are closed.

« 終: 全ての始まり | Main | エネルギーの推移 »