« 爆発音! | Main | ふたつの行方 »

06. 05. 20

晴耕雨読

Ma0_0125


メモリをつけることで
時間を 掌握したはずなのに

いつのまにか

メモリだけの時間に 
翻弄されてしまったようだ・・・

存在しているのは 
「瞬間」だけ

瞬間の連続によって 
「記憶」は 過去という概念を刻み 

記憶の構築によって
「想像」は 未来という概念を育む 

|

« 爆発音! | Main | ふたつの行方 »

Comments

時間・・・それは、人間が目盛りを決めて、支配しているようであるけれど、実際はそれによって人間が支配されているのかもすれませんね。
時間に追われずに、自分のペースで仕事をしていきたい、いつもそう願っているのだけれど。

Posted by: おおぐま | 06. 05. 22 at 오전 12:07

To おおぐま
時間のメモリは うざいコトばかりだけど・・・

時間が生き物になった連続は
とても好きです

「音楽」は その中でも
とてつもなく 時間を生き物にしてくれます

ミヤサマのブログのタクシーの運転手のように
巧い運転にも 音楽のような心地よさって ありますよね

あと・・・ 料理の冷めていく過程の 温度変化や
舌や喉で 変化していく化学変化
咀嚼によって感じる抵抗感も
感動してる時って 音楽と同じ
時間が生きている ・・・そんな感じを楽しんでます

Posted by: 某閑人 | 06. 05. 22 at 오전 10:48

The comments to this entry are closed.

« 爆発音! | Main | ふたつの行方 »