« ミッションC 膀胱結石手術の図 | Main | なんとなく・・・ »

06. 04. 29

ミッションC それぞれの緊張

阿佐ヶ谷 杉並区立産業商工会館 講堂


スタジオルントの コンサート&発表会
ピアノ 声楽 弦楽器 そして アンサンブル


老若男女 初心者からベテランまでが
様々な思いを込めて 本番を迎える


ほほえましい演奏も ホーッと感心する演奏も
どれも 紛れもない 等身大の 「音楽」



緊張しているのは 何も演奏者だけではない
そう 調律師だって ちゃーんと 緊張する


特に この三日間のミッションは 
みっつとも 別々の楽器・音域・ピッチ・調律法


フォルテピアノ 5オクターブ+2度(63鍵)  430Hz 1/7
チェンバロ    4オクターブ+5度(58鍵)  415Hz ヤング
現代ピアノ   7オクターブ+3度(88鍵)  442Hz 平均律



それぞれの楽器の 調律ピンの形状や トルクに合わせて
最適な 調律ハンマーを使う
( 上:フォルテピアノ用L字  中:チェンバロ用T字  下:現代ピアノ用L字 )

|

« ミッションC 膀胱結石手術の図 | Main | なんとなく・・・ »

Comments

昨日ふと久々に調律師やりはじめた頃(1998年頃)を思い出し、「○○さん、(当時は呼び捨てでしたね)今どこで何をやっているのだろう?」と思いインターネットで検索。こんなところにいましたか…。

「○○クラブ」というのを当時放課後にやっていましたが、その時の書記をやっていたものです。(わかるかな〜?)某メーカーの製造工程のカラーコピーを使って、何回かにわたり講義をしていただいたクラブです。(あの時の資料はかなり貴重です)

今はじゃがいもとビールの国にいます。その国にすでに1年8ヶ月(その間ワインとチーズの国に一ヶ月)今後の展望はまだ決まってません。たぶん(まだ未定)今年の夏に日本に帰る予定です。同業者の相方もいます。

相変わらずお元気(?)そうでなによりです。身元不明になってたんでどうしているのかと思いました。このプログで色々な活動をしてるのをみて、こちらも久々にやる気(いつまで続くかわからないけど)が出てきました。

それでは、また。

そのうち書き込みます。

Posted by: カエル | 06. 04. 29 at 오후 11:37

えー、あそこって中にこんなスペースが入ってたんですか?知らなかった。。。今日阿佐ヶ谷に行っていれば顔出せたんですね。残念。

Posted by: おーとも | 06. 04. 30 at 오전 12:10

To カエル
お久しぶりです!
左利きフェチなので ちゃんと覚えてますよ
相方は 高島平と推測しておりますが・・・
杣倶楽部・・・懐かしいですね
あの写真を使った連載を このブログでもやる予定です
きっと ベヒやプレイエルあたりで 研鑽を積んでいると思うので
遠慮なく 突っ込んで下さいな!
夏までそこに居るのなら
Wカップ 見れますね! いいなー

To おーとも
そうなんです! 御近所なんです
ALMに寄って帰ろうと思ったんですが・・・
腹減って死にそうだったので
本能に負けました・・・
貴ちゃん 元気かなー?

Posted by: 某閑人 | 06. 04. 30 at 오전 6:11


杣さん、相方は高島平の人ではありませんよ〜。
○○堂に勤め、その後にYロピアノに入ってきた人です。(そこで知り合いました。)大学を出た後普通のサラリーマンを経験し、ひらめきでY社の調律学校に入った人です。○○堂ではチュチュさんと同期だったそうです。

ちなみに自分はYロピアノ(←こう書くと賄賂みたいですね)を2年前ぐらいに退職し、その後自力でドイツに来たので、プレイエルとベヒの工場での研修などは特にしていません。ただしベヒについては日本から、おじいさん調律師2名が来て取材をするということなので、通訳がきっかけで工場の中を見せてもらうことはできました。(すごかったよ!!)その後SAUTERに入り去年の12月で辞め、2月末から4月はじめまで、調律学校の先輩の岡安さん(彼女はフレックスコースに通ってたそうです)とたまたま知り合い、彼女が働いているパリの修理工房で研修させてもらいました。(その間、彼女の家に住まわせてもらいました。)今後どうするかはただ今展開中なので、まだ未定です。今はベルリンで生活しています。
Wカップは残念ながらチケット取れなかったので、現地のスポーツカフェで観戦かな?!
写真を使った連載を楽しみにしています。

Posted by: カエル | 06. 04. 30 at 오후 9:12

To カエル
そうだったんだ!
がんばってる様子 伝わってきました
すっかり まだ賄賂ピアノのスタッフだと思ってた・・・
海外組 国内組 いずれにしても
後輩達が がんばってる情報を聞くと
こちらも 元気がもらえます、、、ダンケ!!
カエルが帰国するまでには 新しい楽器
完成させておきますので
工房に 相方と 遊びに来てください!
で パリの彼女は フレックスの彼女だったんだ・・・
偶然 ブログの常連でした・・・

でも懐かしいですなー
初めて楽器を作ったのも
カエル達が1年生の頃だったもんね

無理なく 悔いない 日々を歩めますように!
応援してます!

Posted by: 某閑人 | 06. 05. 01 at 오전 9:47

The comments to this entry are closed.

« ミッションC 膀胱結石手術の図 | Main | なんとなく・・・ »