« 朱紅文字の夜(完) スカーレットレター | Main | 写真に写ってしまう真実 »

06. 03. 17

ミッションC:小さな小さな音楽会

060317_105001.jpg


調布 文化会館たづくり エントランス


調布市にある 桐朋学園大学の
古楽器科の 講師と学生によるコンサート

リコーダー バロックフルート チェンバロ
更に バロックハープまで登場する 豪華版


リハーサル中でも エントランスを行きかう人が
熱心に聞き入っている  大きな拍手も沸く

本番前から とても自然な感じの空間

近くの幼稚園の 散歩のコースだったのだろうか
小さな小さな手で 拍手をしていた子供達が キュートだった


060317_104001.jpg

|

« 朱紅文字の夜(完) スカーレットレター | Main | 写真に写ってしまう真実 »

Comments

おおっ私が学生の時はこんな楽しそうな催しはなかったにゃー
それにしても前記事の謎の女性のお話、謎ですね。
「云う」って漢字書く外人って・・?

Posted by: れいね | 06. 03. 17 at 오후 7:10

そういえば某閑人どのは以前仙川通いしてらしたんですよね。
でしとか食べに行ってましたか?3年前に店じまいしちゃったんですよ。。。

Posted by: おーとも | 06. 03. 17 at 오후 10:56

To れいね
漢字は 門がまえとか 旧体なんだよね
もし彼女の言うことが真実なら
かなり年配の人に 日本語を習ったんでしょうな・・・
別件だけどさ
4月29日に町田のコンサートって入ってる?
オファーしてきたマネージメントが 
ちょっと不確定要素がありすぎて・・・
一応 押さえてあるんだけどね・・・


To おーとも
でし って 「魔法使いの弟子」のこと?
あそこだったら オーロラソースのパスタが
お気に入りでした
けど ほとんど「コウセイケン」とかいう
中華料理屋か 学食でした・・・
うーん 懐かしいなー

Posted by: 某閑人 | 06. 03. 18 at 오전 11:09

子供達を写真に撮ろうとしている先輩の姿も、キュートでした。
が、見方によれば、怪しいオジサマ…。

Posted by: うらら | 06. 03. 18 at 오전 11:20

To うらら
幼稚園児を 写すふりして
保母さんの写真ばかり 写してました・・・

Posted by: 某閑人 | 06. 03. 19 at 오후 5:37

The comments to this entry are closed.

« 朱紅文字の夜(完) スカーレットレター | Main | 写真に写ってしまう真実 »