« 羊三昧な一日 | Main | 密かな懺悔 その1 »

06. 03. 22

パパラファックス

初めて 杣のアジトに FAXが入った日
杣は 狂気乱舞し 早速 FAX器を使ってみたくなった
・・・が 送る相手が いない・・・


すると 説明書の中に パパラファックス(だったと思う)のチラシがあり
そこに登録すると なんでも いろんな情報を FAXしてくれるということだった
杣は 早速 必要事項を記入した (当時は個人情報流失に無防備だった)


で 送ってみた (ワクワク!) ・・・が うまくいかない (アレ?) 
もう一度 送ってみた (ソレッ!) ・・・それでも うまく送れない (アレレ?)
送ったはずの用紙が 下からビローンと 出てきてしまうのだ!


説明書を読み直して 更に挑戦! (コンドコソ!)
・・・やっぱり 用紙が出てきてしまう、、、
(なんじゃ コリャ! 不良品か!?)


すると 突然 電話が鳴った
パパラファックスの事務局からだった
『あのー 何度も同じFAXが届いてるんですけれど・・・』


「いや そんなハズないんですけど 何度やっても戻ってきてしまうんです」
『いえいえ ちゃんと届いてますから もうFAXしないで下さい』
「おかしいなー 用紙は まだ手元にあるんですけどね」
『・・・あのー FAXというのは 内容だけ送るもので 紙は送れないんですよ・・・』


|

« 羊三昧な一日 | Main | 密かな懺悔 その1 »

Comments

あーわかります(^^;)
FAXってどうやって相手に送るのか不思議でした。
あのコードに紙なんて送れないし・・・って(笑)

Posted by: Chihaya | 06. 03. 22 at 오후 10:08

こういう方は今でもたくさんいらっしゃるようで、時々遭遇します。ん〜、説明するのが結構大変な事柄ですけどね。でも「不思議」と思う気持ちは大切にしたいです・・・

Posted by: saskia1217 | 06. 03. 23 at 오전 12:01

ぎゃはは・・。でも、わかるなあー。はじめて扱う機械って、私も戸惑っちゃうもん。

Posted by: ちかちゃん | 06. 03. 23 at 오전 9:33

けっこう、笑えました!
最初にFAXが家にやってきた時、同じように意味がわからなかったけど、
今となっては、そんなことすら忘れてました。
この話、思い出し笑いしそうで怖い。

Posted by: うらら | 06. 03. 23 at 오전 10:11

質問です。
あの、バッハの手書きの譜面とかが「ファクシミリ版」とかいうモノになってチマタにリューツーしてますけど、あれってファックスとどういう関係があるのかしら?
オウベイって早くからファックスがあったんだな~、なんて昔から感心してるんですけど。

Posted by: 愛宕町私設ライブラリ | 06. 03. 23 at 오전 10:12

To Chihaya
そうそう せめて 紙に書いた文字が
消えていてくれてれば 納得できたんですけどね・・・
そのままビローンと出てきて
誰が送信したと思うものですか!


To saskia1217
説明? 自分は今でも説明はできませぬ
「信じなさい 信じるものは救われるのです!」
とか言いそうだな・・・
不思議・・・大切な気持ちですね
自分は 今だに 地球が丸いなんて・・・不思議です!


To ちかちゃん
PCも 携帯も 自分は機能の1割も使えてないです
戸惑うなんて次元じゃ ありません
おまけに 記憶力が悪くて 説明されても
チンプンカンプン
基本的に 説明書 読まない人間ですしね・・・


To うらら
この話は うららが教えてくれた新聞記事で 思い出しました
なんでも 連絡が来ない孫に おばあちゃんが心配して
お母さんに相談したら 「FAXでも送ってみれば」
と アドバイスしたところ
おばあちゃんは 孫にFAX器を送ってしまったとか・・・
人のコト 笑えない自分の過去を 思い出しました


To 愛宕町私設ライブラリ
モーツァルトが お父さんへ送った手紙の中にも
「最近 FAX代が高くて 困ってしまいます
やはり ソフトバンクの買収は失敗だったのでは」
というモノが ありましたよね?
バッハは 楽譜印刷工場に直結している
専用の ファクシミリ君という名の
伝書鳩を飼っていたことが エマニュエルの書簡に出てました
(モーツァルト協会の仕事が 今年は まだ残っているので
これ以上の発言は 控えさせていただきます・・・)

Posted by: 某閑人 | 06. 03. 24 at 오전 12:45

The comments to this entry are closed.

« 羊三昧な一日 | Main | 密かな懺悔 その1 »