Main | 9월 2005 »

05. 08. 31

街角ヘヴン☆

iso2022jpbgyrcpj44trsoqi5qcgc


駅前の広場で 音楽に出逢った

「街角ヘヴン☆」


シンプルなサウンドは

不足も 無駄も 無い


人間の中から出ている音楽は

どんなジャンルであっても

心に対して 柔軟な浸透圧を持っている


http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=yamatansay


| | TrackBack (0)

東海道誤十三次 ⑪

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  2000/8/25(金) 宮⇒四日市 約40km
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
江戸時代の東海道は
宮から 桑名まで
舟を利用する 海路だった

現代では 幾つもの橋が かかっているので
歩いて三重県に 入ることができる

江戸から京都には
1601年に 東海道と 中仙道が 
整備された

東海道の利点は 
海岸沿いを行くので 峠越えが少なくてすむ

ただ 海が近いということは 川幅も広い
当時 大きな川に橋などかかってなく
大勢の男達が 旅人を
肩や 台に乗せて 川の中を歩いて渡っていた

だから 嵐などで 水量が増した時には
何日も 川の手前で 待たされることがあったらしい

それに比べて中仙道は 山道が続くが 川幅は狭いので
天候に左右されることなく 歩き続けることができた
時間の正確さでは 中仙道の方が 有利だったそうだ

現代とは 大きく異なった 当時の事情を
いろいろ空想しながら
長かった愛知県を抜け 三重県に入った


******************************
   今日のオマケ

   http://www.excite.co.jp/News/bit/00091122891076.html
   杣は低気圧と新月に弱い男です 飛行機の中で死んでました

******************************

| | TrackBack (0)

05. 08. 30

風琴:才気堂


051021_085101.jpg


群馬の調律師 渡辺祐治によって
再生された リードオルガンのCD

このCDをかけたとたんに
杣のアジトは セピア色に染まる

演奏も 渡辺祐治本人によるものだが
これが うまくない
だが それが また すこぶる 良い


失われつつある かつての音風景が
空間に 心に
鮮やかに 再現される

この楽器を 心から愛している者にのみ
製作可能な 貴重な音源
渡辺祐治の情熱に 敬意と感謝を 捧げます


http://www.saikido.net/

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尾行中継:尾行終了

050728_184701.jpg

今回のミッションは
韓国で三つのコンサートの調律

成田でGをバスに乗せ
杣は アジトに直行した

そして今

杣はフットサルの準備をして
ひばりが丘に向かおうとしている

任務や仕事をさしおいて
フットサルを優先する男

果たして次回の尾行は
いつになることやら、、、

| | TrackBack (0)

尾行中継:犬フルエンザ発病!

Gは 風邪をひいた

本人は「犬を食いすぎたバチがあたったんだ!俺は犬フルエンザだ!」

と騒いでいる

ただ冷房にやられただけだろう

さて 仁川空港で Gは犬フルエンザ退治にかかる

そして 朝鮮人参をガブリ!

050830_094701.jpg

| | TrackBack (0)

05. 08. 29

尾行中継:クンナッタ

G「あーカユイ カユイ!」

杣「どうしたんですか?」

G「うん 蚊に刺された…カユイ!」

杣「大丈夫ですか?」

G「そうだ、杣君、あの練習しよう!今日あれやるから!」

杣「あれとは?」

G「モスキータイ人の行進!」

杣「…それって まさかブログネタですか?」

G「そう!載せて載せて!」

そんなパボな二人ではあるが

無事 「スキタイ人の行進」も弾き終えた

アンコールでは ステージに子供達を集め「キラキラ星変奏曲」を弾いた

かくして全てのミッションは終了した

050829_210602.jpg

| | TrackBack (0)

尾行中継:J登場

リハが始まる

そこへ 大学院生Jが登場

彼は2002年の初韓国コンサートツアーから

Gの追っかけになり
韓国ツアーの度にコンサートに来ている
Gの熱烈なファンである
この韓国初ツアーは東京からソウルまで車で行った

近いうちに 回想録を連載する予定である

iso2022jpbgyrcjtglzyvzjtulcyvbjxmbkeiuanbn

| | TrackBack (0)

尾行中継:ファイナル ミッション

杣は チェンバロ運送屋と共に 会場入り

最後のミッションは 美術館でのコンサート

美術館の隣に 動物園は無い(←分からないだろうな…)

運送屋のアンちゃん達は カッコ良い!

iso2022jpbgyrcmt9bdziwgyhclmpwzw

| | TrackBack (0)

尾行中継:LG25

杣のメルアドはLG25
これは韓国で 最も有名なコンビニの名前

メルアドだけで 韓国ではシャレになっていた

がしかし

四月からLG25は GS25という名称に変わってしまった

この現象を韓国では「四月の雪」というらしい

さて 杣はメルアドをGS25に 変更するのだろうか…

gs25.jpg

| | TrackBack (0)

尾行中継:テダネ!

調律師は コンサートで いろいろなものを聞いている

調律された楽器の音を聴き

演奏でつむがれてゆく時間を聴き

聴衆の拍手に心の温度を聴く

それらの密度が とても高められる時

調律師は ただの人間として充足される

そして 今夜

Gは御機嫌

杣は 充電完了

iso2022jpbgyrci0ckjcqkje0bkeiuanbn

| | TrackBack (0)

05. 08. 28

尾行中継:一触即発

今夜のコンサートは20時から

M宅でのホームコンサート

昼食後 杣は再び調律を始める

チェンバロという楽器は 温度が変化すると

調律もヘベレケになってしまう

午前は雨 午後は晴れ

とにかく調律を安定させる為には

コマメに調律をするしかない

ようやく二台の調律が終わった頃

Gが昼寝から起きてリハに来る

G「じゃ こっちの楽器はミーントーンにしよう」

杣「…分かりました」

つまり 一台の楽器は別の調律にしろ ということだ

コンサート開始まで4時間

果たして安定するのか

不安定な調律は お客さんの耳にも気持ち悪い

それを避ける為に何度も調律を繰り返し

ようやく安定してきた矢先のことだ

杣は極度に口数が少なくなる

不満を露骨に表してしまうあたり まだ人間が出来ていない

さて この二人の険悪な空気と

そして コンサートは 果たしてどうなるのか!

本番開始まで 一時間近くなった

まだ リハは悠々と続いている

050828_181601.jpg

| | TrackBack (0)

尾行中継:それぞれの午後

iso2022jpbgyrcjv8losuzjwolihsoqi5qcgc


Gは教会へ

杣は楽器を2台同調律

二人の午後は…

| | TrackBack (0)

尾行中継:事件は現場で起こる

いつの時代でも

一人の女性をめぐる

男達の争いは

凄惨であるのだが…

iso2022jpbgyrci0cktk02t0cbkeiggyrcizibkeiuanbn

| | TrackBack (0)

05. 08. 27

尾行中継:動画が見られる!

セレブな夜のコンサートは
なんとテレビカメラも入っていた
昨年結婚したドラマ女優が
モデルで登場していたのだ

下のアドレスをクリックして
動画のスタートボタンを押せば!
意味はチンプンカンプンだが
Gの演奏が ちょっと聴けるよ!

Gの演奏

| | TrackBack (0)

尾行中継:団欒か!?

二時間程の フリータイムが終り

杣はM宅へ戻る

GとMのリハはすでに終了

夕食を「四人の食卓」でとる

主人Pは 風邪気味

GはPに向かって「犬フルエンザにかかったんだ」と昼食を振り返る

杣が ダジャレを流していると

Gは英語で このジョークをM&Pに伝える

当然 失笑される

それ見たことかと 杣はニヤリ

二人の溝は 今夜も深まってゆくiso2022jpbgyrcq0rdmyrpjhmbkeiuanbn

| | TrackBack (0)

尾行中継:杣PC房潜入

CDとVCDを購入して

杣が 次に向かったのは

インターネットカフェならぬ

PC房

ドイツから 仁川を経由する

工作員77837と

コンタクトをとろうとしているのか、、、

iso2022jpbgyrcwzwbkejqqxskqks8gyhclmpwzw

| | TrackBack (0)

尾行中継:決裂か!?

M宅へ戻り 杣は二台の楽器を調律

Gは歓談後 昼寝

二人は そもそも ソリが合わない

ただならぬ 空気が流れる

いよいよ決裂か?

すると 杣は家を出てスタスタと歩き出す

目的地に着いたのか

何やら見つめている

その視線の先には、、、

050827_170201.jpg

| | TrackBack (0)

尾行中継:杣感涙2

落ち込んだ二人だったが

M宅のチェンバロを観察し議論し

内輪で盛り上がる

それを見かねたMの夫 Pが

昼食に連れだしてくれた

行った先は 山の中

微妙に犬の鳴き声が聞こえる、、、

そこはポシンタン専門店

つまり 犬肉

杣 ニ度目の感涙

jxmbkeiuanbn

| | TrackBack (0)

尾行中継:バブル崩壊

セレブな余韻は 長く続かなかった

杣達がウォーカーヒルホテルに泊まれたのは

昨夜のコンサートの為で

終演後 二人はホテルから追われ

とりあえずM宅に 身を寄せる

杣の朝メシは 水と胡麻

メシというより エサ?

あまりの落差に 二人は落ち込んだのか

M宅は まだ ひっそりとしている

050827_092001.jpg

| | TrackBack (0)

05. 08. 26

尾行中継:セレブな夜

コラボなコンサートは大成功

杣はこれで終りだと思い

迷彩ファッションに着替える

が しかし セレブなディナーに招待される

そして 食後にもうひとつ サロンなコンサート

シャコンヌで締めくくり 拍手喝采

そしてGは インタビュー

こうして セレブな夜は 暮れていった

iso2022jpbgyrcjtslbcvwjepmaxsoqi5qcgc

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尾行中継:鼻の下はナイル川

今夜のミッションは

つまり こういうことだ

ファッションショーと

演奏会のコラボレーション

綺麗どころのモデルが十数名

当然 Gの鼻の下は ナイル川のように伸び

西洋人のモデルだったので

杣の鼻の下は まぁ 利根川ほど 伸びた

彼女達が 韓国人なら

杣の鼻の下は

月まで届いていただろう

iso2022jpbgyrci0c5lcq7gyhclmpwzw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尾行中継:晴れ男

昨日までの雨は 嘘のように

ソウルは日本晴れ

じゃ ないか 韓国晴れ

アストンハウスの中庭には

披露宴のように テーブルが 並べられる

Gは天下の晴れ男

杣は天下のMr.LUCKY

さて コンサートは五時半開始という情報が入った

なんだか 普通のコンサートでは なさそうだが

iso2022jpbgyrcnfo5cuayjgwbkeiuanbn

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尾行中継:リハ開始

調律後 杣はホテルに戻り Gと昼食へ

何を間違えたか 会計で12万ウォンを支払わされる

二人はアストンハウスへ

そう このアストンハウス

なんと ヨン様のドラマ 「ホテリアー」のロケ地だったのだ

昨日 出没した 日本のアジュンマ達は

恐らく ヨン様真理教の信者達なのだろう

リハを始めようと会場に着いてみれば

何故か モデル達の撮影会をしていた

なんだ なんだ

何が始まるんだ?

050826_124701.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尾行中継:うずらの卵

杣は 一人で先に 朝食をとる

それは 昨日の韓定食と うって変わって

うずらの卵 と 水

そして Gを残して

先に アストンハウスに 向かう

今日こそ 何らかの 作戦を開始するのか!

050826_093001.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

05. 08. 25

尾行中継:二日目終了

今日はどうやら リハーサルのみ

杣は 調律ピンの あまりの堅さに

二ヶ月前に骨折した右手首を

再び痛めたようだ

しかし 不思議な会場である

ウォーカーヒルホテルの敷地内にある

アストンハウスと言えば、、、

リハ中に 何度も 日本人のオバサン集団が

見学に来る

杣は すかさず 適当な韓国語を並べて

韓国人になりすますが

Gに呼ばれて 日本人だと すぐにバレる

この室内 どこかで見たことが あるのだが

真相は 明日判明することになるだろうが

それは また 別の話

iso2022jpbgyrcjwoltynhixujtrsoqi5qcgc

| | Comments (1) | TrackBack (0)

尾行中継:杣感涙!

楽器搬入を終えて

ホテルに戻り

Gと街に出る

昼食の時間

杣が 狂喜している

杣が 乱舞している

その視線の先には

「ヨンヤンタン!」

つまり 犬鍋...

そう 好物の犬肉屋を

二日目にして 見つけてしまった

当然Gを たぶらかし

二人で ひっそりと 犬を 食べた

050825_123401.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尾行中継:雨の搬出

ソウルも昨日から雨が降り続いている

M宅へトラックが来た

杣は一台 チェンバロの調律を終えて出てきた

雨でも 韓国では トラックで楽器を運ぶ

そのトラックに 杣も乗り込む

時速100kmで 目的地までとばす

到着したのは ホテルの近くの アストンハウス

楽器を搬入する

iso2022jpbgyrcmssktkhcpvabkeiuanbn

| | Comments (1) | TrackBack (0)

尾行中継:奇行動

杣は一人でホテルをタクシーで出発

渋滞の中 一時間ほどかけて M宅へ到着

そこへ 大ボラ吹き

じゃなかった

オーボエ吹きのSが登場

何を企んでいるのか?

iso2022jpbgyrci00hdsntgyhclmpwzw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尾行中継:宿舎判明

某「で、杣達の宿舎はわかったのだな?」

安「はい。それが、シェ、シェ、、、」

某「シェーキーズか?」

東「いや、ですからウォ、ウォ、、、」

某「何?ウォーターボーイズか?」

安&東「シェ、シェ、シェラトンウォーカーヒルホテルなんです、、、」

某「なんだって!そんな馬鹿高い一流ホテルにいるのか?
あのカジノまであるホテルだろ?
これには何かある。絶対何かあるぞ!
しっかり尾行しろ!」

かくして 二日目の尾行が開始された。
その頃 杣とGは ホテルの部屋で
一人前の韓定食を 二人で ひっそりと食べていた

iso2022jpbgyrcjtcljyvpjuglc0zoh0bkeiuanbn

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05. 08. 24

尾行中継:コンタクトM

韓国の演奏家Mと合流

韓国といえば焼肉

杣とGは豪華な接待

チャミッスルをしこたま飲んでいる

今夜は無事に終わろうとしている

050824_220201.jpg

| | Comments (1) | TrackBack (0)

尾行中継:仁川到着

韓国到着

Gが荷物のカートを押したがる

杣は必死に それを阻止する

果たして この二人 仲が悪いのでは?

情報によると 動物占いでは

二人とも 金の象

相性は悪い

さて この二人 どのような作戦を企んでいるのか、、、

iso2022jpbgyrcmllkkkjujeejmhsoqi5qcgc

| | Comments (1) | TrackBack (0)

尾行中継:行先

杣達が乗ったのは

大韓航空002便

行き先は、、、

かっかっ韓国だ!

050824_164101.jpg

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尾行中継:コンタクトG

杣は 鍵盤楽器奏者のGと合流

果たして 行先はイズコ、、、

js8lscnhgyhclmpwzw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

尾行開始

杣は バスに 乗った

iso2022jpbgyrcjvalourkgyhclmpwzw

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東海道誤十三次 ⑩

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2000/8/24(木) 岡崎⇒宮(名古屋) 約33km
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ペースを落としたことが 幸いしたのか
足の具合は 序々に回復してきた
それに合わせるかのように 自信も取り戻しはじめる

歩いている時 よく携帯ラヂオを聞いていた
地域が変わるたびに 放送局も変わり
それに応じて 周波数をチューニングし直す

夏の高校野球も すでに終わってしまった
智辯和歌山が 東海大浦安に圧勝して 優勝した
翌日からは 子供電話相談が 延々と続く

そういえば かのトラクスも 
和歌山出身だったことを 思い出す
そんな些細な情報にさえ 因縁をこじつける

2日で行く予定だった距離を
3日かけてしまったが
また 歩き続けることを 決意した

名古屋の熱田に 宿をとる
おつりの中に 初めて見る 五百円玉があった
それも 今でも 大切にとってある

********************************
   今日のオマケ

   http://www.kanken.or.jp/henkan/happyou.html
   「榧乃と入力しているのに 加屋野 と表示されるのは、、、なぜ?」

********************************

| | Comments (0) | TrackBack (0)

主な登場人物の紹介

このブログは
某閑人によって書かれています

某の任務は
敵工作員の「杣 栢乃」の言動を監視すること
このブログは そのレポートです

*****************************
 主な登場人物
*****************************

○ 某 閑人 (なにがし かんじん)♂


○ 杣 栢乃 (そま かやの)♂

大正52年5月30日 동경生まれ
実は工作員であるが 調律師を装う

 [ 特 徴 ]
 変装:会うたびに別人のいでたち
 隠遁:何故か電話がつながらない
 蹴球:フットサル場にて多々目撃
 工作:アジトにて奇妙な楽器製作
 徘徊:情報収集のため各地に出没

 

| | TrackBack (0)

05. 08. 23

オペレーション HP2

本部から新しいミッションの指令が出た
トンムは 速やかに行動を開始されたし

357121* 1325*2241*3241
45*257144*75 431234223483

(この暗号が解読できた者は この暗号でコメントを残されたし)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東海道誤十三次 ⑨

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2000/8/23(水) 吉田⇒岡崎 約28km
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
この日の起床は 今までで一番遅い 5時
宿を 6時過ぎに 出発
まだ歩き続けるか 迷ったままの出発

この日の東海道は 名鉄本線沿いを通る
もう いつ諦めても すぐに電車に乗れる
そんな安心感が 次の一歩をかろうじて促す

もうひとつ 背中を押してくれるものがあった
それは メールやFAXによる応援である
毎日 何人もの友人から 暖かい言葉をもらっていた

この旅では 微妙なハイテクが活躍していた
携帯電話は勿論のこと
携帯からFAXを受け取れる モバイルも持参していた

自宅にかかってくる 電話やFAXは 携帯に転送され
旅先で 仕事の依頼などの確認ができるのだ
そして ガンバレ というエールも 飛び込んでくる

更に 街道で出会った 
名も知らぬ 多くの方々からも 
たくさんの 励ましの言葉をいただいた

自分自身には 完全に敗北していたのだが
最後には こうした周りからのエネルギーによって
今日だけでも 歩いてみよう という気持ちになれた

予定は 大幅に狂ってしまったが
なんとか 岡崎まで辿りつく
今日1日 歩いて よかったと思った

*************************
   今日のオマケ

   http://portal.nifty.com/koneta05/01/24/02/
   「食べてみたいような、、、痛いような、、、」

*************************

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05. 08. 22

東海道誤十三次 ⑧

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
2000/8/22(火) 舞阪⇒吉田(豊橋) 約25km
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東海道の半分を歩いたことで 安心したのか
二人旅をして はしゃぎすぎたのか
恐らく いずれにしろ 前日はハリキリ過ぎたようだ

足の裏の マメの皮が全て剥けて 出血
更に 足のムクレが ひどくなり過ぎて
朝から ほとんど歩けない状態になっていた

真剣に もうダメかも知れない
本気で リタイアの決断を下すしかない
そんな思いだけで 足をひきずりながら歩く

歩き通したところで 一体 何になるのだろうか
リタイアしたところで 何が悪いのだろうか
自分の弱さへの敗北を 希薄させる言い訳だけが 湧いて出る

ただ 新居を過ぎてから 鉄道から逸れてしまい(トホホ)
とりあえず 新幹線の止まる 豊橋までは
自力で歩いて行こうと 諦めざるを得なかった

靴の両端に ハサミで穴を開け 
ムクレタ足が 少しでも楽になるように 小指を出す
そんなことを試みながら だましだまし 歩いてみた

当初の目標は 赤坂宿(愛知県音羽町)だったが
10kmほど手前の 豊橋で宿をとる
妥協した悔しさを 誤魔化すかのように
翌朝一番の新幹線で もう帰ろうと 自棄になっていた

050821_201201.jpg

****************************
    今日のオマケ

    http://www002.upp.so-net.ne.jp/hit/cccc.html
    閑人は うしろゆびさされ度 62 % でした

****************************   

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05. 08. 21

東海道誤十三次 ⑦

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2000/8/21(月) 掛川⇒舞阪 約43km
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
東海道の ど真ん中 袋井を通過
もう 半分 というより
まだ 半分 といった気分

この日は 途中から 二人旅になった
かつての教え子 ユースケが
わざわざ 仕事を休んで 一緒に歩いてくれた

天竜川を渡り 浜松市に入る
杣にとって浜松は 懐かしい町でもある
かつてピアノ製作の修行で 2年ほど住んでいた

今では 後輩達が 浜松にやってきて
同じように 修行をしている
そして かのトラクスも ここから出発した

浜松駅で ユースケとウナギを食べた
出来ることなら 「なかや」 という店で食べたかったが
東海道沿いには無いので 諦めた

ユースケと別れて 再び 一人で歩く
二人旅というのも 意外に 新鮮なものだ
何となく ヤジキタ気分に 浸った

***************************
   今日のオマケ

   http://wibo.m78.com/clip/img/63383.jpg
   「分からなくても 悔しく無いことが 少し 悔しい」

***************************

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05. 08. 20

街角ヘヴン:帰郷

051021_081401.jpg


○君への誓い
○花
○寄り道


池袋西口 芸術劇場の前の広場
水曜の夜に この街角を天国にしてくれる、、、
それが 街角ヘヴン

このCDに関して
コメントは いらない
いや 必要ない

ただ このライヴに行かなければ
入手できないCDであることだけは
お知らせしておこう


これが もしレコードや カセットテープであったら
すでに 擦り切れて 聞けなくなっているだろう

杣のステレオは この曲を
すでに記憶してしまったのでは? と思うくらい
何度もリピートして アジトに流れ続けている


ヘヴンになりたい方
水曜の夜に 池袋の街角へ


http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=yamatansay
 

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東海道誤十三次 ⑥

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2000/8/20(日) 焼津⇒掛川 約33km
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
記録によると 律儀にも
毎朝4時に起床し 5時代に宿を出発している
ほとんど習慣化されてきたのか この日も 5時45分に出発

早朝の出発は 午前中 かなり快足なのだが
昼食を食べて 午後 時間は やたらと ゆっくりすすむ

東海道を歩くために 2度ほど リハーサルをした
1度目は 4月26日 川越街道を歩いた
日本橋から 川越まで 約40km
1日40km歩くと どれだけ疲れるか知りたかった
マラソン選手なら 2時間あまりで 辿りつける距離だが
杣は 8時間もかかってしまった 足はバカになった (足も)

2度目は 6月9-11日の三日間 甲州街道を歩いた
日本橋から 甲府まで 約150km
連日 長距離を歩くと どうなるのか知りたかった
特に二日目 八王子から大月までの行程だったが
峠越えの約50km トボトボと 15時間半も歩き続けた

恐らく このリハーサルが無ければ
箱根までも 辿りつくことは 出来なかったと思う
足の痛み  長い午後  ペース配分、、、 多くのことを学んだ
やはり リハは 大切なものだ、、、  覚悟だけはできる

掛川には 16時20分到着
宿の近くの居酒屋で 面白い出逢いがあった
自転車で 日本一周した 青年
話がはずんで ビールを一本 御馳走してくれた
本心では 一本と言わず あと2.3本くらい、、、

なんてことは言えない 小心者 (小心者でなくても 言えませんから)
仕方なく 自腹で 焼酎を1本飲み干し (だから それが 当たり前ですから) 
ヘベレケになって 宿に戻った (飲みすぎでしょ!)

**********************************
   本日のオマケ

   http://www9.plala.or.jp/pandanotasogare/dvd.html
   「さあ みなさんも オーポンして クローニしよう!」
   (提供:なおなおぽんの部屋 http://www.ne.jp/asahi/naonaopon/room/)

**********************************

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05. 08. 19

オペレーション MOX

本部から新しいミッションの指令が出た
トンムは 速やかに行動を開始されたし

ㄴ1ㄱ2ㅁ3ㄴ3ㄱ1ㄴ3ㅁ2ㄴ1「1ㅁ1「1ㅁ2ㅁ3
ㅁ1ㄱ3ㅁ1「1ㄱ3ㅁ2ㄱ3ц2「1
ㅁ1п2]3ㅁ3[2「1п2

以上

(この暗号が解読できた者は この暗号でコメントを残されたし)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

東海道誤十三次 ⑤

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2000/8/19(土) 由比⇒焼津 約38km
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さて 東海道に詳しい方や 実際に歩いた方は
本日の目的地  「焼津」 という地名を見て
「ハテ 昔の東海道に 焼津は無いはずだ、、、」と
思われるかも知れない

そう 旧東海道では ここは山側のコース
丸子(静岡市)岡部(志太郡岡部町)を通るのだ

がしかし 杣は あえて 海側のコースを取っている
これには 勿論 理由がある

今回の遠足では どこでリタイアするか分からないし
確実に 予定日に 目的地まで辿り付く自信が無かったので
宿は 予約無しの 行き当たりバッタリで 決めていた

そこで重要なのは    「宿がある」    ということだ

旧東海道の岡部には 鉄道が通っていない
鉄道の駅近辺というのは 大抵 宿がある

そう 岡部は 確かに観光地かも知れない が
観光旅館があったとしても
当日の飛び込み客や 一人での宿泊は 難しいことが多々ある
それで 海側のルートを選択せざるを得なかったのだ

で 海側のルートを通ってみて 
何故 当時(江戸時代) 海側のルートをとらずに
わざわざ 峠越えの 山側の道しか無かったのか よく分かった

焼津に入る手前に 「大崩海岸」という所がある
ここは その名の通り 海まで山のガケが 突き出しており
現代の技術をしても 以前に作られた道路が 大崩していたほどの難所である

今は 海にせり出すかたちで 新たな道が 作られている
そして 狭いトンネルを抜けて ようやく焼津に入れる (何度も轢かれかけた)
東名高速道路では「日本坂トンネル」の場所にあたる (あの長ーいトンネル)
江戸時代の工事技術では とても道を作ることなど 不可能だったろう

この東海道の回想録は「東海道誤十三次」と題してある
そう ここで少しだけ ルートを変更したため
「誤った東海道」という意味で この名称にしたのだ
(「十三次」の意味は 後述するとしよう)

この日 もうひとつエピソードがある
焼津といえば 刺身 (なんつっても 漁港ですから)
で 駅前のスーパーで 刺身の盛り合わせなんかを買ってきちゃって
宿で食べようとして あけてみる、、、 いざ!!、、、(えっ???)
しょっ 醤油が  なっ 無いんですけど 、、、、(ガーン!)
今から もう一歩たりとも 歩きたくなんかない!(イヤイヤ ! 絶対イヤ!)
かと言って 宿の人に醤油を借りる 勇気も無い!(天下の小心者!)
今夜は 味無しの刺身か、、、(トホホ)

しかし 名案が浮かんだ
杣は 熱中症を避ける目的で 
確実な水分補給のため 「塩」を携帯していたのである
その塩で 刺身を食べてみると、、、うまかった(ホッ)

ちょっと 今回は長くなってしまった (ミアネヨ)
この日 焼津到着は なんと19時半
今までで 一番長い遠足になってしまった、、、

************************************
   今日のオマケ

   http://www.asahi.com/business/update/0818/084.html
   「いよいよ こんな時代がやってきたんですね
   地球から見える月は いつも同じ面なんだそうです
   もし 110億円あったら 見たことの無い 裏側に行ってみたいですな
   片道料金なら、、、55億円?、、、んなの無いか、、、  明日は満月!」

************************************

| | Comments (0) | TrackBack (0)

05. 08. 18

東海道誤十三次 ④

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2000/8/18(金) 三島⇒由比 約39km
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
前日から 当然 激しい筋肉痛に襲われている
不思議なことに 高校時代から筋肉痛は二日後に出ていた
つまるところ 若い頃から御老体だったわけだ

やはり早朝に ホテルを出発
沼津を過ぎると 左手に太平洋の防風林がつづいている
午後から曇ることが多かったが 午前中の影は とても濃い

しかし 微妙にニヤニヤしていた
筋肉痛が 前日より軽くなっているのである
そう 実は 秘密兵器をゲットしてしまったのだ

前日 箱根を越えて 長い下り坂の途中 食堂に立ち寄った
そこで出会った トラックの運転手から 貴重な情報をもらった
「筋肉痛には バンテリンが一番テリン、、、なんちゃって、、、」

彼は 山登りが好きで いつか東海道も歩いてみたいと話してくれた
長距離を歩くコツや バンテリンのことなども 教えてもらった
三島に到着するや否や 宿を探す前に 薬局に飛び込み 購入した

以前 三日間歩きとおしたことがある(詳しくは後述する)
その時 歩き続けると 血液が足に溜まっていくコトを知った
宿の風呂でマッサージをするものの 筋肉痛はとれなかった

であるからして バンテリン作戦は大成功し 
ここから数日は 結構余裕な旅をすることができたのだ
あの時会った トラックの運ちゃん カムサハムニダ!

由比に到着し 生のサクラエビを食べた 
その地域の特産物を食べたのは この時初めてだった
ヤジさんキタさんの ヒザクリゲを思い出していた

************************************
   今日のオマケ

   http://omaru.cside.tv/cgi/pc-cgi/pccgi-prize.cgi
   「本名で入力したら
    その年に 世界で一番多く スイカの種を飲み込んでしまった人に贈られる賞
    授賞式開催地 シンガポール  賞金4689万円 と出てしまった、、、トホホ 」

************************************

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05. 08. 17

オペレーション HP

本部から新しいミッションの指令が出た
トンムは 速やかに行動を開始されたし

33 888888 111 222* 000 3 7 2*
11111 33 222 9 7 000 33* 88888 111 4444*
5 11 33333* 111 6 9999 444 33 4
333 222* 55
22 88888 111 22 88888 111 33 8888 00 888 6666*

以上

(この暗号が解読できた者は この暗号でコメントを残されたし)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

東海道誤十三次 ③

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  2000/8/17(木) 小田原⇒三島 約32km
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いよいよ「天下の剣」箱根越えを迎える
5時20分ホテル出発 7時前に箱根の坂にさしかかる
ここから旧道を通り 延々と坂道をひたすら上る いや 登る

9時に畑宿というとこまで辿りつき 思わずへたりこむ
もう この時には東海道を完歩することなど すっかり諦めていた
峠まで辿りついたら 電車でさっさと帰ろうと弱気になっていた

道端でへたりこみ 眼下に広がる うっそうとした森を眺める
その時 ふと ある思いがよぎった
「 トラクスも この景色を 見たんだ、、、」
(トラクスに関しては また後述することにしよう)

この東海道を歩くきっかけになった トラクスという人物も
百年程前にここを通り この景色を見たという感動が駆け抜けた
決して こんなへこんだ気持ちでは なかったはずだ、、、

そんな感動が 疲れきっていた体を 見事に元気にしてくれた
そして再び 坂をゆっくりと しかし しっかりと登り始めた
時々 車があえぐようなエンジン音をたてて 追い抜いていく

十時頃 甘酒茶屋があったので 休憩することにした
「歩いていらっしゃった方でしょ?これはサービスです」
店員は やわらかな笑顔で 甘酒と餅を差し出してくれた

帰り際 先代の十二代目店主が わざわざ餞別を包んでくれ
「京都まで がんばって下さい」とねぎらいの挨拶をして下さった
餞別は 初めて見る二千円札で それは今でも大切にしている

峠を正午に通過し その後は 延々と長い坂を下っていった
下りは楽だろうと思っていたのだが 下りの方がきつかった
ようやく歩き終える頃 三島大社の祭が迎えてくれた

iso2022jpbgyrcneu8chsoqi5qcgc

***********************************
   今日のオマケ

   http://www.d4.dion.ne.jp/~warapon/data01/index1.htm
   「アルトゥール=アントゥネス=コインブラ 監督、今夜は頼みます!」

***********************************

| | Comments (2) | TrackBack (0)

05. 08. 16

東海道誤十三次 ②

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2000/8/16(水) 戸塚⇒小田原 約40km
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5時20分 ホテルを出発
低血圧のわりに 早起きは苦手ではない
しかし 好きで早起きをしているわけでもない

午前中の涼しい時間に 距離をかせいで
昼過ぎの暑い時間帯に どこかで昼寝でもしようという作戦である
しかし 実際には そんな余裕も場所もなく ただ歩き続けた

着替えは 作務衣と下着を 2セットしか持ってこなかった
辿りついたホテルや その周辺のコインランドリーで
2日に1回 洗濯をしながら と考えていたのである、、、が、、、

小田原には 18時に到着
ホテルの近所のコインランドリーに
ハリキッて洗濯をしに行こうとした、、、のだが、、、

洗濯に着ていく服が無いのである(ガーン!誤算じゃ!)
仕方なく 翌日着る予定だったものを着て
汗だくになって ホテルに帰って来た(トホホ)

さて 明日はいよいよ 「天下の剣」箱根越えである
そこには 予想もしないドラマが待っていた
が それはまた 別の話、、、

*******************************
   今日のオマケ

Q:携帯電話で写真を撮るとき、シャッター音が出てしまうのですが、
解除する方法はありますか?
A:あります、簡単な操作で解除することができます。
ただし、これは犯罪行為です。

まず、「通話」ボタンを1回押します。
次に、「あ」のボタンを続けて2回押します。
最後に、「わおん」のボタンを1回だけ押します。
そのままの状態で5秒ほど待機していただければ、
ガイダンスが流れてくるのでそれに従って下さい。

(注) この方法は、あるサイトからの受け売りです。
犯罪になりかねますので、マネしないで下さい!

*******************************
     

| | Comments (4) | TrackBack (0)

05. 08. 15

東海道誤十三次 ① 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 2000/8/15(火) 日本橋⇒戸塚 約41km
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
5時の始発に乗って 東京駅に向かった
日本橋出発は 6時
お盆の早朝の東京 それは不気味なほど静かだった

背中にリュックを背負い 腰にはウエストポーチ
2週間の旅行にしては かなり軽装だ
いやいや なんせ歩いて行くのだから 
少しでも 荷物が軽くなるように準備したつもりだった

品川から川崎に向かう橋の上で 
思わず立ち止まった
携帯ラヂオのイヤホンに集中する
投稿したFAXが 放送で読まれて、、、(うっひっひ)

権太坂を登り始めて 初めて息が切れた
この旅以降 正月の大学駅伝の聞き方が変わった
ほぼ同じルートを辿った者として
よくもまあ あんな達者に走ってられるなあと 
感動よりも あきれるほど 感心してしまう

途中から 激しい夕立に打たれながらも
夕方6時 戸塚到着

旅は まだ始まったばかり
それでも 初日を無事歩き終えることができて
静かな安堵感と満足感に浸っていた

それは まだまだ余裕のあった時点での感慨
さて 明日は小田原へ、、、

*********************************
   今日のオマケ

   http://www.kiss.ac/~saga/s_cgi/uranai/index.html
   「自分にあった仕事してますか? ちなみに閑人は護衛者だそうで、、、」

*********************************


| | Comments (5) | TrackBack (0)

05. 08. 14

東海道誤十三次 序

8月15日
日本では終戦記念日
韓国では解放記念日(光復節)
・・・・・・・
しかし 杣にとっても 8月15日は
いわゆる ひとつの 記念日である
あれは 5年前の西暦2000年のこと
無謀な作戦を開始したのであった
・・・・・・・
東海道を歩きたい、、、
たったそれだけのことなのであるが
これが まあ トホホの始まりである
真夏の遠足である
連日30度を越える猛暑な日々
お江戸日本橋から 京都三条大橋までは 約500km
12泊13日で計画を開始した
これでも 江戸時代の旅人よりラルゴなペースなのだ
果たして京都まで辿りつけるのだろうか、、、
・・・・・・・
5年前のこと故
かなり記憶が薄れてしまった部分も多々あるが
明日から 5年前の同じ日を 辿ってみたいと思う
「平成 東海道誤十三次 回顧録」
明日15日は 日本橋から戸塚までを
回想してみよう

(これは 杣榧乃自身による回想録である)

*********************************
   今日のオマケ                                
                                             
   http://www.eneaies.com/satira/bush_dressup/bush_dressup.htm
   「北朝鮮のキム・ジョンイル様がお気に入りの着せ替えとか、、、」 
                                             
*********************************

| | Comments (0) | TrackBack (0)

Main | 9월 2005 »